【絶対に迷わない】本当におすすめの不動産一括査定サイトはコレだけ!

「自分にぴったりの不動産一括査定サイトはどれなんだろう…」

とお悩みではありませんか?

LIFULL HOME’S、イエウール、アットホーム、スマイティなど……

名前は聞いたことある程度で、「結局どれを使うべきなの?」と迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、全30以上のサイトを調査してわかった『本当におすすめできる不動産一括査定サイト』を厳選してまとめました。

この記事を読めば、絶対に不動産一括査定サイトを選ぶ上で迷うことはありません。

筆者も、最初はどれを選んでいいか全くわからず何日も迷った経験があるので、それを踏まえて「失敗しない選び方」や「おすすめする理由」なども詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

目次

1.おすすめの不動産一括査定サイトって結局どれ?

不動産一括査定サイトと言えば、「LIFULL HOME’S」「アットホーム」などを、ネットやCMで見かけたことはあると思います。

会社一覧

ただ、これまで4度の一括査定をしてきた筆者の経験から言うと、「これさえ使っておけば大丈夫!」と言えるサイトは正直一つもありません

たとえば、提携業者数だけで判断すれば、大手の「LIFULLHOME’S」がたくさんの不動産会社と提携しています。

しかし、提携業者が多いからといって、どんな物件や地域でも対応しているわけではありません。

提携業者の数やネームバリューだけで判断して一括査定をすると、失敗してしまう危険が高まります。

査定サイトのコメント

では、どのようにすれば一括査定サイト選びで失敗しないのか

結論を言うと、以下のように『複数の一括査定サイトを利用する』のが一番賢い方法です。

失敗しない一括査定サイトの選び方

この方法ならば、全国のほぼ全ての物件が査定できるため「他のサイトも使っておけば…」なんて失敗が起きません!

また、たくさんの不動産会社に査定を出せるため、他者と比較して適正価格を知ることも可能です。

もちろん、「複数使うのは、正直めんどくさい…」という気持ちもあると思います。

ですが、査定はどれも3分ほどで完了しますし、合わなければすぐ退会すれば良いだけです。

それに一括査定サイトはどれも無料なので、使えるものは使っておかないともったいない…!

不動産売却は「どれだけ情報を集められるか」が成功のカギとなるので、とにかくたくさんの一括査定サイトを使い倒して、後悔の無い不動産売却にしていただきたいです。

それでは以下より、おすすめの一括査定サイトを詳しく解説していきますね。

2.おすすめの不動産一括査定サイト一覧

一括査定サイト 特徴
HOME4U
最も歴史と実績がある一括査定サイト
イエウール
提携業社数がもっとも多く、どんな物件でも査定できる

上記サイトの詳しい紹介を読む

一括査定サイト 特徴
すまいValue
提携業社は不動産最大手6社のみ

上記サイトの詳しい紹介を読む

一括査定サイト 特徴
リガイド
同時査定依頼数が業界最多

上記サイトの詳しい紹介を読む

一括査定サイト 特徴
マンションナビ
全国のマンションの売買に特化したサイト
マンションマーケット
首都圏の高額マンションを売りたい人向けのサイト

上記サイトの詳しい紹介を読む

一括査定サイト 特徴
LIFULL HOME’S
投資用物件も対応可

上記サイトの詳しい紹介を読む

一括査定サイト 特徴
イエシル
匿名でリアルタイムの価格相場がわかる

上記サイトの詳しい紹介を読む

一括査定サイト 特徴
ハウマ
人口知能AIを使ったオンライン一括査定サイト

上記サイトの詳しい紹介を読む

一括査定サイト 特徴
ノムコム
売却・買取査定の両方有り

上記サイトの詳しい紹介を読む

誰にでもおすすめの一括査定サイト2選

まず、紹介したいのが一括査定をしたい人全員におすすめできる「イエウール」と「HOME4U」です。

この2つをおすすめする理由はシンプルで、提携業者が多いため、全国のほぼ全ての物件が査定できるからです。

この2つで査定を進めていけば、自身の希望にあった売却ができるでしょう!

一括査定サイト 特徴

HOME4U

最も歴史と実績がある一括査定サイト

イエウール

提携業社数がもっとも多く、どんな物件でも査定できる

また、これら2つは提携業者数が多いだけでなく、業者の質が高いのも魅力的。

なぜなら、イエウールやHOME4Uは他の一括査定サイトと比べて不動産会社の提携審査が厳しいためです。

「何度もしつこく営業電話をしてくる」ような悪質な不動産会社が集まりにくくなっています。

イエウールとHOME4Uさえ抑えておけば、質の高い業者にまとめて査定ができるので、迷ったらこの2つだけでも利用することをおすすめします。

では、それぞれの特徴をさらに詳しく確認していきましょう。

HOME4U|最も歴史と実績がある一括査定サイト

home4U トップ画面

HOME4U』は、一括査定サイトの中で最も歴史と実績があり、信頼性がかなり高いサイトです。

また、1300社の不動産会社と提携しているため、物件や地域に関わらず、一括査定に出すことができます。

また、「電話の相談窓口」があり利用者へのバックアップ体制も充実。

home4uの電話サポート

どんな些細な悩みでも、契約などをせずに利用できます。

「不動産会社と揉めてしまった…」などという場合でも安心です。

不動産を売却するのが初めての人でも気軽に利用しやすいので、「イエウール」と合わせて使うようにしましょう。

運営会社 (株)NTTデータスマートソーシン
対象エリア 全国
対応物件 マンション、アパート、戸建、土地、店舗、工場
提携企業数 1300社
同時依頼企業数 6社
公式サイト https://www.home4u.jp/
詳しくは「HOME4Uの解説記事」をご覧ください
home4uのPR
3分以内で無料査定!/

イエウール|利用者数NO.1の大手一括査定サイト

イエウールのトップ画面

もう一つ、誰にでもおすすめできる一括査定サイトが『イエウール』です。

イエウールは、サービス開始からわずか4年でなんと利用者が1000万人を超えている人気の一括査定サイトになります!

そんなイエウールが多くの人に活用されている一番の理由は、他の一括査定と比べて提携業者数が約1900社と圧倒的に多いこと

そのため、名の知られた中堅〜大手の不動産会社から、地方密着型のあまり知られていない不動産会社まで、一括で査定を申し込むことができます。

イエウールの一括査定利用画面

また、口コミの悪い不動産会社は提携解除を行なっているため、悪徳業者に当たることなく安心して利用可能です。

不動産売却をスムーズに進めるためにも、イエウールは必ず登録しておくことをおすすめします。

運営会社 (株)Speee
対象エリア 全国
対応物件 マンション、アパート、戸建、土地、店舗、工場、農地
提携企業数 1900社
同時依頼企業数 6社
公式サイト https://ieul.jp/
詳しくは「イエウールの解説記事」をご覧ください
イエウールのPR文
3分以内で無料査定!/

【都市部の物件を売りたい人向け】おすすめ一括査定サイト

都市部の物件を査定したい人は、「イエウール」と「HOME4U」に加えて、以下の一括査定サイトに登録しておくのがおすすめです。

一括査定サイト 特徴

すまいValue

提携業社は不動産最大手6社のみ

都市部の物件売却に特化しているサイトなので、都市部の物件を売りたいなら、希望にマッチした査定会社が見つかりやすいですよ。

すまいValue|売買実績上位を占める大手6社と提携しているサイト

すまいvalueのトップ画面

すまいバリュー』は、売買実績上位を占める大手6社にまとめて無料査定を依頼できる唯一のサイトです。

「提携業社が少なくて自分の希望通りに売却できるの?」と不安に思っている方も多いと思いますが、実は不動産業界は大手に実績が片寄っています。

提携している不動産会社 仲介件数(2019年度) 
三井不動産リアルティ 41,533件
住友不動産販売 37,643件
東急リバブル 25,570件
野村の仲介 8,922件
小田急不動産 1,328件
三菱地所ハウスネット 1,129件

そのため、圧倒的販売実績のある会社で査定でき、たくさんの購入希望者とマッチングするので、結果として物件が売れやすくなること間違いなしです。

公式サイトが発表しているデータでも、3人に2人が売却まで至っています。

すまいバリューの公式データ

大手6社しか提携していないため、地方郊外は査定できないことが多いですが、都市部では最強の一括査定サイトと言えるので、ぜひすまいValueも活用してみてくださいね。

運営会社 小田急不動産(株)、住友不動産販売(株)、東急リバブル(株)、野村不動産アーバンネット(株)、三井不動産リアルティ(株)、三菱地所ハウスネット(株)
対象エリア 全国(※地方郊外は対応不可)
対応物件 マンション、アパート、戸建、土地、ビル
提携企業数 6社
同時依頼企業数 6社
公式サイト https://sumai-value.jp/
詳しくは「すまいValueの解説記事」をご覧ください
3分以内で無料査定!/

【地方の物件を売りたい人向け】おすすめ一括査定サイト

地方の物件を査定したい人は、「イエウール」と「HOME4U」に加えて、以下の一括査定サイトに登録しておくのがおすすめです。

一括査定サイト 特徴

リガイド 

同時査定依頼数が業界最多

リガイドは査定依頼をたくさん出せるため、地方の物件を売りたいなら、希望にマッチした査定会社が見つかりやすいですよ。

リガイド|最大10社に査定依頼できるサイト

リガイドのトップ画面

リガイドは、とにかく一括で査定依頼できる件数の多さが魅力のサイトです。

査定できる業者数が少なくなりがちな地方の物件でも、リガイドを使えば効率的にできるだけ多くに会社で査定できます。

リガイドの入力フォーム

また、買取保証制度を導入しているのも嬉しいポイントです。

買取保証制度とは

買取保証とは、「仲介」で一定期間売れなかった際に、あらかじめ取り決めていた額で不動産会社が「買取」をする売却方法のこと。

「人気のない地方郊外の物件でずっと売れない…」

「予定日までに売らないと資金のやりくりが困る…」

という場合でも、買取保証制度があれば安心して売却活動ができます。

物件売却が難しくなりがちな地方でも、リガイドを使えば安心して進められるので、地方の物件を売りたい人は査定依頼を出すことをおすすめします。

運営会社 (株)ウェイブダッシュ
対象エリア 全国
対応物件 マンション、戸建、土地 、店舗、事務所
提携企業数 1000社
同時依頼企業数 10社
公式サイト https://www.re-guide.jp/
詳しくは「リガイドの解説記事」をご覧ください
3分以内で無料査定!/

【マンションを売りたい人向け】おすすめ一括査定サイト

マンションを査定したい人は、「イエウール」と「HOME4U」に加えて、以下の一括査定サイトに登録しておくのがおすすめです。

一括査定サイト 特徴

マンションナビ

・全国のマンションの売買に特化したサイト

マンションマーケット

・首都圏の高額マンションを売りたい人向けのサイト

両方とも、マンション売却に特化しているサイトなので、マンションを売りたいなら、希望にマッチした査定会社が見つかりやすいですよ。

マンションナビ|全国のマンションの売買に特化したサイト

マンションナビのトップ画面

マンションナビ』は全国のマンション売却・買取に特化した一括査定サイトです。

初めてのマンション売却でも失敗しないように、WEB上で売却価格と賃貸価格の相場が確認できます。

全国の中古マンション相場をほぼ網羅しており、AIによる自動査定で売却・賃貸の両面から不動産売却をサポート。

マンションナビのAI査定

そして、納得できる相場価格であれば、提携している2500社以上の不動産会社の中から最大9社に一括査定できます。

マンションを売りたい人にはぴったりの一括査定サイトなので、ぜひこちらも活用してみてください。

運営会社 マンションリサーチ(株)
対象エリア 全国
対応物件 分譲マンション
提携企業数 2500社
同時依頼企業数 9社(売却6社、賃貸3社)
公式サイト https://t23m-navi.jp/
詳しくは「マンションナビの解説記事」をご覧ください
3分以内で無料査定!/

マンションマーケット|首都圏の高額マンションを売りたい人向け

マンションマーケットのトップ画面

マンションマーケット」も首都圏のマンション売却・買取に特化しており、中でも高額マンションを売りたい人に向いているサイトになります。

なぜ高額マンションの売却に向いているかというと、仲介手数料が49.8万円と定額であるためです。

通常、不動産を売買するときには以下の仲介手数料がかかります。

仲介手数料=売買価格×3%+6万円+消費税

つまり、売却価格が1,460万円以上だとお得に売却することが可能です。

マンションマーケットのスマート売却

また、相談や売却活動報告は、全てオンライン上でやり取りできるので。「不動産会社からの電話対応がめんどくさい…」ということもありません。

首都圏の高額マンションを売りたい人は、ぜひ「マンションマーケット」も活用しましょう。

運営会社 (株)マンションマーケット
対象エリア

【マンション売却】

東京都、神奈川県(横浜市、川崎市)

【マンション買取】

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

対応物件 マンション
提携企業数 1社(自社のみ)
同時依頼企業数 1社(自社のみ)
公式サイト https://mansion-market.com/
詳しくは「マンションマーケットの解説記事」をご覧ください
3分以内で無料査定!/

【投資物件を売りたい人向け】おすすめ一括査定サイト

投資物件を査定したい人は、「イエウール」と「HOME4U」に加えて、以下の一括査定サイトに登録しておくのがおすすめです。

一括査定サイト 特徴

LIFULL HOME’S

投資用物件も対応可

LIFULLHOMEのトップ画面

では、詳しく解説していきます。

LIFULL HOME’S|投資物件も対応可の一括サイト

LIFULLHOME’S』は東証一部上場企業のライフルが運営する不動産一括査定サイト。

提携業社数は1846社と業界トップクラスであることから、数少ない投資物件まで対応しているサイトになります。

また不動産会社の説明が充実していて、担当者の実績や顔まで見れるのも特徴の1つ。

lifullhomesの査定会社確認画面

査定価格にプラスして不動産会社を選ぶことができます。

投資物件を売りたい際は、「LIFULLHOME’S」も一緒に活用してみましょう。

運営会社 (株)LIFULL
対象エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡
対応物件 マンション、アパート、戸建、土地、投資物件、店舗、工場
提携企業数 1846社
同時依頼企業数 6社
公式サイト https://www.homes.co.jp/
詳しくは「LIFULL HOME’Sの解説記事」をご覧ください
3分以内で無料査定!/

【査定額だけ知りたい人向け】おすすめ一括査定サイト

とりあえず査定額だけ知りたい人は、「イエウール」と「HOME4U」に加えて、以下の一括査定サイトに登録しておくのがおすすめです。

一括査定サイト 特徴

イエシル

匿名でリアルタイムの価格相場がわかる

イエシルは、匿名で査定を出すことができるので、査定額をだけを簡単に知ることができますよ。

イエシル|匿名でリアルタイムの価格相場がわかるサイト

イエシルのトップ画面

イエシル』は匿名でリアルタイムの価格相場を確認することができる一括査定サイトです。

マンション名や駅名、あるいは住所の物件情報を入力するだけでおおよその査定額を知ることができます。

イエシルの簡易査定価格

さらに詳しい査定情報を知りたい場合は、登録が必要になりますが、チャット形式で簡単に登録できるのでほとんど手間はかかりません。

イエシルの個別相談で質問できること

また、査定では賃貸に出したパターンも確認することができるので、査定額だけ知りたい人は「イエシル」も一緒に活用しましょう。

運営会社 (株)リブセンス 
対象エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
対応物件 マンション
提携企業数 非公開
同時依頼企業数 非公開
公式サイト https://www.ieshil.com/
詳しくは「イエシルの解説記事」をご覧ください
3分以内で無料査定!/

【手軽に売りたい人向け】おすすめ一括査定サイト

あまり手間をかけずに、手軽に売りたい人は「イエウール」と「HOME4U」に加えて、以下の一括査定サイトに登録しておくのがおすすめです。

一括査定サイト 特徴

ハウマ

人口知能AIを使ったオンライン一括査定サイト

ハウマは、基本的にオンラインで完結するので、手軽に売却活動を行うことができますよ。

ハウマ|人口知能AIを使ったオンライン一括査定サイト

ハウマのトップ画面

HowMa(ハウマ)」は、人口知能AIを使ってオンラインで不動産価格を査定する一括査定サイトです。

不動産会社とのやりとりがなく、営業を受ける心配もないためお手軽に一括査定することができます。

ハウマのオンライン診断

また、AIが自動処理で査定を行うので、わずか2分で査定結果が出るのも大きな魅力の1つ。

ハウマのAI価格

「とりあえず手軽に査定してみたい!」という人にはぴったりのサービスなので、ぜひ一緒に活用してみてくださいね。

運営会社 (株)コラビット
対象エリア 東京都
対応物件 分譲マンション、戸建
提携企業数 10社
同時依頼企業数 6社
公式サイト https://www.how-ma.com/
詳しくは「ハウマの解説記事」をご覧ください
3分以内で無料査定!/

【早く売りたい人向け】おすすめ一括査定サイト

諸事情でとにかく早く売りたい人は「イエウール」と「HOME4U」に加えて、以下の一括査定サイトに登録しておくのがおすすめです。

一括査定サイト 特徴

ノムコム

売却・買取査定の両方有り

ノムコム |売却・買取査定の両方がある査定サイト

ノムコムのトップ画面

ノムコムは、「野村の仲介」と呼ばれる野村不動産アーバンネットが運営している査定サイトです。

一括査定サイトではなく、申し込みをすると野村不動産アーバンネットに査定依頼をするという仕組みになっています。

そのため、集客力の高い大手の会社にすぐ査定でき、早く売りやすくなります。

また、買取査定もできるのでより短期間で売りやすくなるポイントの1つです。

ノムコムの買取保証

「離婚や転勤などの事情で早く不動産を売りたい!」

と言う人は、「ノムコム 」も一緒に活用しましょう。

運営会社 野村不動産アーバンネット(株)
対象エリア 全国
対応物件 マンション、アパート、戸建、土地、店舗、事務所
提携企業数 1社(自社のみ)
同時依頼企業数 1社(自社のみ)
公式サイト https://www.nomu.com/
詳しくは「ノムコムの解説記事」をご覧ください
3分以内で無料査定!/

3.不動産一括査定の申し込みの流れ

不動産申し込みの流れ

ここからは、筆者が実際に「イエウール」を使って一括査定の流れを解説していきます。

一括査定のステップをよく確認しておき、迷いなく査定を進められるように準備しておきましょう。

  1. 申し込みフォームで物件情報を入力する
  2. 個人情報を入力する
  3. 査定依頼をする会社を選択
  4. 不動産会社から査定結果の連絡を待つ

では、順番に解説していきます。

ステップ1.申し込みフォームに必要な情報を入力

物件情報の画面

まず最初に、一括査定の申し込みフォームで必要な情報を入力しましょう。

不動産一括査定では、入力フォームに記載した情報から不動産会社が査定額を算出します。

当たり前ですが、入力した情報が間違っていると正しい査定結果は分かりません。

基本的に必要な情報は以下の6つになります。

  1. 住所
  2. 土地面積
  3. 建物面積
  4. 築年数
  5. 間取り
  6. 査定の方法(机上査定か訪問査定か)

もし上記の情報がわからない時は、最寄りの法務局で登記簿謄本を取得して確認すれば大丈夫です。

補足】机上査定と訪問査定の違い

机上査定

実際に不動産を見ずに、概要とデータをもとに簡易的に査定する方法。まだ売却の検討段階であったり、おおよその査定価格だけをすぐに知りたい人に向いている。

訪問査定

不動産会社が実際に物件を見た上で査定する方法。より具体的に売却を検討している人に向いている。

ステップ2.個人情報を入力する

次に、お名前や年齢、電話番号・メールアドレスなどの個人情報の入力です。

個人情報入力の画面

その際に、物件所有者の証明書類を提出を求められる時もあります。

物件所有者全員の証明書類が必要になるので、注意しましょう。

ステップ3.査定依頼をする会社を選択

物件情報と個人情報の入力が完了すると、条件に当てはまる不動産会社が表示されます。

依頼をする不動産会社にチェックを入れましょう。

不動産会社選択の画面

この際に、なくとも3~4社には査定依頼を出してください。

なぜなら、1つの業者だけでは、正確な査定かどうかが分からないためです。

「めんどくさいから1社だけで全て決めちゃおう」

と考えると、高額で売却できるものを低価格で査定し、売却されてしまう可能性が高いので、必ず複数社に査定依頼を出しましょう。

地域によっては、1サイトあたり1~2社しか査定依頼できない場合もよくあるので、そういう時は2つ以上のサイトを同時利用するのがおすすめです。

ステップ4.不動産会社から査定結果の連絡を待つ

結果画面

以上で査定申し込みは完了です。

物件がいくらで売れるのか、不動産会社から査定結果の連絡が来るのを待ちましょう。

査定結果の連絡は、ほとんどの場合「即日〜1週間以内」にきます。

また、電話で来ることが多いので、電話対応が苦手な方はメールでの連絡を希望するようにしましょう。

4.不動産一括査定のメリット・デメリット

ここまでお読みいただいた皆さんなら、ほとんどの人が自分にぴったりの一括査定サイトを見つけられたと思います。

しかし一方で、「正直まだ一括査定するかどうか悩んでいる」という人もいらっしゃいますよね…

まだ一度も使ったことがない人だと、利用するべきか非常に悩むと思います。

ここではそんな方のために、一括査定の全メリットとデメリットをまとめました。

比較しながら、自分が一括査定を本当に利用すべきか検討してみてください。

一括査定のメリット

不動産一括査定のメリットまずは、一括査定のメリットからご紹介していきたいと思います。

メリットは以下の3つです。

それでは順番にみていきましょう。

メリット1.売却する物件の適正価格がわかる

一括査定のメリットで1番大きいのは「売却する物件の適正価格がわかる」ということ。

物件の価格は、広さ、築年数、立地条件、敷地の状況、内外装の老朽化具合など、さまざまな観点から評価されます。

そのため、不動産会社によって評価のポイントは異なり、査定価格にかなりのバラツキがでるのです。

「A社では価格が1000万だったのに、B社では500万円だった」

ということもよくある話。

一括査定サイトを利用し、複数の不動産会社で査定することで物件の適正価格が見えてきます!

メリット2.複数の不動産会社に査定依頼する手間が省ける

また、複数の不動産会社に査定依頼をする手間も省けます。

自分自身で複数の会社に査定依頼をしようとすると、インターネットで企業サイトを検索したり、口コミを確認したり、いろいろ大変です…

しかし、一括査定なら、一度の簡単な入力で複数社にまとめて査定を依頼できます。

また、査定結果も「即日~1週間以内」に届くのでスピーディに話を進めること可能です。

メリット3.優秀な不動産会社や担当者が見つかりやすい

不動産会社はよって土地・中古住宅・マンションなど得意分野が異なります。

たくさんある不動産会社の中から、自分にあった特徴の会社や担当者を見つけるのは難しいですよね…

しかし、一括査定を利用することで、得意分野の会社が一目でわかり、さらに自分に合う可能性が高い会社を検討することができます。

売却を考えている物件に合った不動産会社、有能な担当者に出会えること間違いなしです!

一括査定のデメリット

不動産一括査定のデメリット

続いて、デメリットになります。

デメリットは以下の3つです。

それでは順番に見ていきましょう。

デメリット1.しつこい営業電話を受ける可能性あり

やはりデメリットとして1番最初にあげられるのは、「しつこい営業電話を受ける可能性がある」ということでしょう。

なぜ電話がしつこくなりがちかと言うと、不動産会社は、売主であるあなたと契約が成立してから、仲介手数料が手に入るためです。

担当者の口車に乗せられてしまい、本意でない契約を結んでしまう人も少なくありません。

あまりにもしつこい場合は、はっきりと「別の会社で契約するので大丈夫です」と断るようにしましょう。

また、断るのが苦手な人は、「メール対応」にするのがおすすめです。

その後、信頼関係を気づいてから電話対応に切り替えましょう。

デメリット2.多く査定ができる分、対応に手間がかかる

2つ目は、多くの不動産会社に査定できる分、対応の手間が増えること。

複数の不動産会社の話を聞くことはもちろん大切です。

しかし、連絡対応に疲れて正しい判断ができなくなっては元も子とありません。

話を聞いてみて合わないと感じた時は、早い段階で断るようにしましょう。

デメリット3.査定額と売却金額が異なることがある

3つ目は査定額と売却金額が異なる可能性があることです。

査定額は、あくまで売却予想価格であり、その金額で売れることを保証するものではありません。

査定額が出たら満足してしまう人も多いのですが、重要なのは、どの不動産会社を選ぶかです。

以下の3つをしっかりと抑えた上で契約を結ぶようにしましょう。

  • 査定額の根拠が答えられる
  • 仲介実績件数が豊富
  • 販売活動の提案が明確

そうすることで失敗は少なくなります。

5.【Q&A】不動産一括査定でよくある質問を解決!

不動産一括査定の疑問点

おすすめの一括査定サイトと査定申し込みの手順を解説しましたが、これから一括査定を始めるにあたり、まだまだ分からない点も多いかと思います。

そこで、一括査定サイト利用者の多くが気になるであろう疑問点を、Q&A形式で全てまとめました。

不動産売却は大きいお金が動くからこそ、疑問点を残したままをスタートさせるわけにはいきません。

不安な点は全て解消して、迷いなく一括査定に踏み出してくださいね。

Q1.営業の電話がしつこい時はどうすればいい?

営業の電話がしつこいときは、はっきりと断るようにしましょう。

また、断るのが苦手な人は、「メール対応」にするのがおすすめです。

メール対応変更の画面

営業マンの口車に乗せられて、望んでもいない契約をするのは意味がありません。

メールで、営業マンとの信頼関係を築けた段階で電話に切り替えるようにしましょう。

Q2.不動産一括査定はなぜ無料なの?

一括査定サイトの会社は、提携不動産会社から広告料金をいただき運営しているため、ユーザーは無料でサイトを利用することができます。

例をあげると、飲食店・美容室などの予約サイトと同じ仕組みです。

Q3.あとからお金を請求されることはある?

一括査定において、あとからお金を請求されることはありません。

しかし例外として、査定を進めていき、購入希望者と売買契約を締結した後のキャンセルは違約金を支払う必要があります。

よく覚えておきましょう。

Q4.査定したら必ず売らないといけない?

査定をしたからと行って必ず売らないといけないわけではありません。

とりあえず、査定価格を把握するために査定を依頼しても問題はないです。

査定したもらった後、「思っていたより価格が安かったから売却をやめます」というのもよくある話。

自分の中で納得がいくようになってから売却するようにしましょう。

Q5.査定依頼をキャンセルすることはできる?

査定依頼をキャンセルすることはできます。

また、一括査定サイトへの査定依頼をキャンセルしたからといって、違約金はかかりません。

下記のいずれかの方法で、依頼をキャンセルしましょう。

1.査定を依頼したが査定結果はまだ届いていない場合…

利用した一括査定サイトの問い合わせホームに連絡してキャンセルする。

キャンセル連絡の方法や伝えるべき項目はサイトによって異なるため利用したサイトの規約を確認する必要がある。

2.査定を依頼してすでに査定してもらった場合…

査定した不動産会社に直接連絡して、売却の意思がないことを伝えキャンセルする。

Q6.周囲に査定をしていることがバレない方法はある?

査定方法を机上査定(簡易査定)にすれば、家族や周囲の人にバレずにおおまかな査定額を知ることができます。

住所や間取り、築年数などの情報を入力して送信するだけなので、査定の際に物件の内部を見せる必要がないためです。

また、査定結果の連絡もメールや電話なのでバレる心配はないでしょう。

ただし、机上査定はあくまで目安にしかなりません。

より正確な査定額を知りたい場合は、業者に依頼して、部屋を見てもらう必要があります。

Q7.査定依頼する前に必要な書類はある?

一括査定サイトを使っての査定依頼では必要な書類はありません。

しかし、訪問査定や売却を進めていくことが決まったら書類が必要になります。

訪問査定の際に主に必要な書類は以下の通りです。

  • 登記事項証明書
  • 間取り図
  • 測量図
  • 固定資産税納税通知書
  • 購入時の物件概要書
  • 物件の利用規約
  • メンテナンス証明書

すでに「訪問査定をしたい!」とお考えの方は、事前に準備しておくとスムーズに査定が進みますよ。

まとめ

全30以上の不動産一括査定サイトから、自信をもっておすすめできるサイトを厳選して紹介しました。

まずは今回紹介した一括査定サイトを気になるものは全て試してみて、その中から自分に合った不動産会社を絞り込んでみましょう。

最後に、失敗しない一括査定サイトの選び方」と「記事中に紹介したおすすめの一括査定サイト」をもう一度まとめておきますのでぜひ活用してみてください。

今回紹介しているおすすめ転職サイト一覧

失敗しない一括査定サイトの選び方
誰にでもおすすめの一括査定サイト HOME4Uイエウール
都市部の物件を売りたい人向け すまいValue
地方の物件を売りたい人向け リガイド
マンションを売りたい人向け マンションナビマンションマーケット
投資物件を売りたい人向け LIFULL HOME’S
査定額だけ知りたい人向け イエシル 
手軽に売りたい人向け ハウマ
早く売りたい人向け ノムコム