【2020年版】移住がグッと楽になる「最新の移住支援制度」と支援を受ける7つのメリット

「移住に興味はあるけど、お金の面で心配…」

「移住の支援制度は数が多すぎてわかりづらい…」

とお悩みですね。

地方へ移住をする場合、金銭的にサポートしてくれる支援制度は沢山あります。

そして、家賃補助や子育て支援、交通費補助など、自治体によって移住支援制度の内容は異なります。

支援制度は、移住先選びの1つのポイントにもなる、重要な要素です。

そこで本記事では、以下3点について紹介しています。

  • 移住支援制度おすすめ10選
  • 移住支援制度を利用するメリット
  • 移住支援制度の調べ方や注意点

この記事を読むことで、おすすめの移住支援制度や調べ方、注意点がわかり、移住生活をスタートしやすくなりますので、参考にしてください。

まずは、AI移住シミュレーションであなたに向いてる「移住先」を確認しよう!

AI移住シミュレーションとは?

AI診断を使って、全国1741個の地域から、自分自身に合った「移住地域」を教えてくれるサービス。

まずは、地方移住サービス「Komforta」AI移住シミュレーションを使って、自分に合う移住地域を確認することがおすすめです。

これによって、「移住してみたけど、自分が思い描いていた場所じゃなかった…」という、失敗をなくすことができます。

使い方は、6つの画像から、気になる画像を2つ選ぶだけ!

また、会員登録をすることで詳しい地域の情報も見ることが可能です!

登録は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてください。

\3分で会員登録できます/

目次

1.移住支援制度とは

移住支援制度とは、国や地方自治体が提供する移住生活をサポートする制度のことです。

以下のように様々な支援制度があります。

  • 移住支援金
  • 住宅建築補助
  • 家賃補助
  • 就業支援
  • リフォーム支援

支援制度を利用することで、経済的負担の軽減や仕事・住まいを早期発見できることがメリットです。

そのため、移住支援制度の内容を知らないと、確実に損をしてしまいます

メリットを享受し、損をしなくていいように、国や自治体が支援制度を提供していることを把握しておきましょう。

1.国の移住支援金

代表的な国の移住支援制度が、国の地方創生移住支援事業の移住支援金です。

移住支援金は、東京23区から地方に移住し、中小企業等に就業した場合に支給される交付金になります。

東京23区に5年以上在住または通勤していて、都道府県が選定した企業に就業した場合が対象です。

支給額は最大100万円になります。※単身の場合は最大60万円

都内から地方への移住を検討している方にとっては、非常にメリットの大きい移住支援制度です。

起業支援金

国が行っている移住支援制度は、移住支援金だけではありません。

東京圏以外の都道府県などで、社会的事業を起業する場合は、最大200万円の起業支援金が支給されます。

社会的事業の主な内容は次のとおりです。

  • まちづくり推進
  • 買い物弱者支援
  • 子育て支援
  • 地域産品を活用する飲食店

移住後に起業を考えている場合は、起業支援金の支給条件を確認しておきましょう。

2.各自治体の移住を支援する制度

各自治体が提供する移住支援制度もあります。

移住者のみが対象の制度と、条件を満たす住民が対象の支援制度があり、どちらも確認しておくことが大事です。

以下は、実際に提供されている支援制度になります。

  • 結婚をしたら10万円支給
  • 毎月3万円家賃補助
  • 住宅建築で100万円補助
  • 移住体験時に宿泊費支援

各自治体で支援制度の内容が異なりますので、移住前に確認しておくことが大切です。

2.【2020年度版】移住に便利な移住支援制度や各自治体支援制度おすすめ9選

ここでは、結婚祝金や家賃補助、住宅購入補助など、おすすめの移住支援制度や各自治体支援制度を紹介しています。

おすすめの支援制度を知っていれば、支援制度の内容比較や移住先選びがしやすくなるでしょう。

以下は、おすすめの支援制度を提供する9地域です。

  1. 山梨県身延町
  2. 愛知県豊橋市
  3. 香川県丸亀市
  4. 福岡県豊前市
  5. 宮崎県延岡市
  6. 北海道雄武町
  7. 北海道三笠市
  8. 沖縄県石垣市・宮古島市
  9. 長野県池田町

1つずつ、内容を確かめていきましょう。

おすすめ1.山梨県身延町

山梨県身延町では、結婚祝金7万円、出産祝金5万円〜30万円の支援制度を提供しています。

独身の方は、結婚生活や子育て費用の軽減ができるため、結婚後の生活がラクになる支援制度です。

山梨県身延町には、他にも就職奨励金5万円などの支援制度があります。

支援制度内容

  • 結婚祝金:結婚後も定住する意思がある場合に7万円支給
  • 出産祝金:第1子5万円、第2子7万円、第3子30万円支給

おすすめ2.愛知県豊橋市

愛知県豊橋市では、豊橋サイエンスコア1階の交流広場「豊橋イノベーションガーデン」を無料で利用できる制度を提供しています。

豊橋イノベーションガーデンは、以下3施設の総称です。

  • デジタル工作機器設置施設「メイカーズ・ラボとよはし」
  • 加工品開発支援「アグリフード・ラボ」
  • コワーキングスペース

これらの施設がすべて利用料無料です。

人材交流の場として利用でき、地元住民と繫がりを持ちやすくなります。

支援制度内容

  • コワーキングスペースなどの施設が利用無料

おすすめ3.香川県丸亀市

香川県丸亀市では、島嶼部在住者に対して、定期乗船券もしくは回数乗船券の購入金額2割を補助しています。

離島に住む人にとっては、非常に嬉しい支援制度内容です。

回数乗船券は1人につき年2回までとなっています。

支援制度内容

  • 島嶼部在住者は定期または回数乗船券が2割補助

おすすめ4.福岡県豊前市

福岡県豊前市では、SNS等で田舎暮らしの様子を発信すれば、最大3万円の謝礼金を受け取れます

1〜4週間の移住体験をしながら、体験談や観光、グルメスポットをSNS等で発信するだけで、2万円〜3万円が支給される支援制度です。

福岡県豊前市に興味がある方にお得な内容となっています。

支援制度内容

  • ブログやインスタグラム、ツイッターなどで情報発信すれば最大3万円

おすすめ5.宮崎県延岡市

宮崎県延岡市では、延岡市お試し滞在支援事業補助金を実施しています。

市内の宿泊施設に滞在して、住居や仕事を探す場合に、宿泊費とレンタカー代が補助される支援制度です。

補助金額は、宿泊費が1泊2,000円を最長6泊、レンタカー代が1日3,000円を最長7日間になります。

移住活動の経済的負担を軽減できるのがメリットです。

支援制度内容

  • 宿泊費は1泊2,000円を最長6泊、レンタカー代は1日3,000円を最長7日間補助

おすすめ6.北海道雄武町

北海道雄武町では、雄武町快適住まいづくり支援制度を実施しています。

雄武町快適住まいづくり支援制度は、今後、町内に居住しようとする人が住宅整備をする際に最大200万円が支給されるものです。

たとえば、住宅を建築する場合は、1㎡につき1万5,000円が補助されます。

住宅購入やリフォームには多額の資金がかかるため、利用者にとって大きなメリットです。

支援制度内容

  • 住宅新築や購入、改修で最大200万円の補助金

おすすめ7.北海道三笠市

北海道三笠市では、若者移住定住促進家賃助成事業により、家賃を助成しています。

若者世帯は上限3万円を最長60ヶ月、単身世帯は上限2万円を最長36ヶ月の助成を受けることが可能です。

助成は、みかさ共通商品券となっており、買い物などで使用できます。

支援制度内容

  • 家賃最大3万円をみかさ共通商品券で助成

おすすめ8.沖縄県石垣市・宮古島市

沖縄県石垣市や宮古島市では、保育士への渡航費助成を行っています。

補助金額は、石垣市は最大50万円、宮古島市は最大30万円です。

保育士不足を解消するための支援制度で、保育士の方にはメリットの大きな内容となっています。

支援制度内容

  • 保育士移住で石垣市は最大50万円、宮古島市は最大30万円

おすすめ9.長野県池田町

長野県池田町では、定住促進住宅取得事業補助金を行っています。

1,000万円以上の新築もしくは500万円以上の中古住宅を購入すると、補助金を受け取ることが可能です。

基本となる補助金額は10万円ですが、以下の条件に応じて加算されます。

  • 中学生以下の子ども1人につき:10万円
  • 申請者が45歳以下の場合:5万円
  • 町外から:5万円
  • 町内業者による新築:5万円

支援制度内容

  • 新築もしくは中古住宅購入で10万円以上の補助

3.移住支援制度や自治体支援制度を利用する7つのメリット

移住支援制度や自治体支援制度を利用すれば、結婚祝い金や住宅購入補助、交通費補助を受けられるなど、お得でしかありません。

臨時収入を得られて経済的負担を緩和できるだけでなく、仕事も早く見つかりますし、移住体験も格安で参加できます。

支援制度を利用するメリットの多さに驚くことでしょう。

以下は、支援制度を利用する7つのメリットです。

  1. 結婚をすると祝い金がもらえる
  2. 移住して仕事をするとまとまったお金が入る
  3. 住宅購入の資金負担を抑えられる
  4. 家賃補助で安く生活できる
  5. 交通費が安くなる
  6. 移住体験の宿泊費が無料
  7. 仕事が見つけやすい

それぞれのメリットについて、詳しく紹介していきます。

メリット1.結婚をすると祝い金がもらえる

移住支援制度や自治体支援制度を利用するメリットが、結婚をすると祝い金をもらえることです。

山梨県身延町の支援制度のように、移住先で結婚して、その後も定住する場合は数万円の祝い金が支給されます。

結婚時には何かとお金がかかりますので、非常に助かる支援制度です。

移住後に結婚を考えている方は、結婚祝い金がある移住先を選ぶのもいいでしょう。

メリット2.移住して仕事をするとまとまったお金が入る

移住して仕事をすることで、まとまったお金が入るのも移住支援のメリットです。

現在、東京圏在住で条件に該当すれば、国の移住支援金を受け取ることができます。

国の移住支援金は最大100万円と、支給額が非常に大きいです。

極端な話、東京から地方に移住をして、就職をするだけで100万円を受け取ることができます。

移住支援金があることで、家計が潤うことでしょう。

メリット3.住宅購入の資金負担を抑えられる

移住支援制度や自治体支援制度を利用すれば、住宅購入時の資金負担を抑えることができます。

自治体によっては、住宅を購入して転入することで、支援金100万円を受け取ることが可能です。

一般的に、住宅購入時は以下の費用がかかります。

  • 頭金
  • 諸費用
  • 引越し費用
  • 家具・家電新調費

住宅購入補助の支援制度があると、家計負担が減るため、非常にありがたいものです。

移住先への定住を考えている方は、住宅購入の資金負担を抑えられることもメリットと言えるでしょう。

メリット4.家賃補助で安く生活できる

家賃補助で安く生活できることも、移住支援のメリットと言えます。

毎月2万〜3万円家賃補助が出たり、通常の家賃より割安な料金で入居できるため、大変お得です

生活費の負担が減るため、移住後の生活がラクになります。

しばらく借家を考えている場合は、家賃補助がある地域を選ぶこともおすすめです。

メリット5.交通費が安くなる

移住に関する支援制度を利用することで、交通費が安くなるのもメリットの1つと言えます。

たとえば、香川県丸亀市の乗船券購入補助などです。

交通費補助が出れば、日々の費用負担を軽減することができます。

大半は移住後に収入が減るため、移住者にとって、交通費補助が出ることは大きなメリットです。

メリット6.移住体験の宿泊費が無料

移住体験の宿泊費が無料になることも、移住支援制度や自治体支援制度を利用するメリットです。

移住体験の宿泊費が無料であれば、少ない負担で移住生活の実体験ができます。

移住にまとまった費用がかかるため、移住先選びには、あまりお金をかけたくないものです。

なかには、宿泊費だけでなく、交通費や食費など、すべて無料の移住体験もあります。

移住に関する支援制度を利用すれば、移住体験の費用負担を軽減できることは魅力です。

メリット7.仕事が見つけやすい

移住支援制度や自治体支援制度を利用すれば、仕事が見つけやすくなることもメリットと言えるでしょう。

多くの地域で、移住者向けの就業支援やUJIターンの転職支援を行っています。

ネットで情報を得るだけでなく、専門の担当者に相談をしながら、希望に合った仕事を探せるのが魅力です。

移住者を対象とした案件も多く、早く仕事を見つけることができます。

4.移住支援制度や自治体支援制度の調べ方

移住支援制度や自治体支援制度は、専用サイトや移住相談会などで調べることができます。

希望移住先の有無でおすすめの調べ方が変わるため、調べ方や特徴を把握しておくことが大切です。

以下は、移住支援制度や自治体支援制度を調べる4つの方法になります。

  1. 専用サイトで調べる
  2. 各自治体のサイトから調べる
  3. 役所に電話をして聞く
  4. 移住相談会や移住体験で確認する

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

調べ方1.専用サイトで調べる

移住支援制度や自治体支援制度は、専用サイトで調べましょう。

「(エリア名) 移住 支援制度」など検索をすれば、各地の支援制度を集めた専用サイトを見つけられます。

専用サイトでは、地域名やカテゴリ(住まい、子育て、医療など)で、希望エリアの支援制度をスピーディーに抽出できるのが魅力です。

各地の移住支援制度を比較したい場合に、おすすめの調べ方になります。

調べ方2.各自治体のサイトから調べる

各自治体のサイトから、移住支援制度や自治体支援制度を調べる方法もあります。

希望の移住先があれば、その自治体の移住関連サイトを確認しましょう。

自治体が直接公表しているため、最も信頼性が高い情報を収集できます。

気になる移住先や希望の移住先がある方には、ダイレクトで効果的な探し方です。

希望の移住先がない場合は、専用サイトを活用した方がいいでしょう。

調べ方3.役所に電話をして聞く

役所に電話をして、移住支援制度や自治体支援制度を調べる方法もあります。

各自治体サイトを調べるのと同様、希望の移住先がある方におすすめの方法です。

希望地域の役所に連絡をし、支援制度の内容や条件について話を伺います。

自治体サイトを確認して、不明点を電話で聞くなど、他の方法と組み合わせて情報収集をしましょう。

調べ方4.移住相談会や移住体験で確認する

移住支援制度や自治体支援制度を、移住相談会や移住体験で確認する方法もあります。

移住相談会や移住体験に参加をすれば、移住地のスタッフから直接説明を聞けるのが特徴です。

わからないことがあれば、その場で質問ができ、疑問点を解消できます。

また、支援制度の話だけでなく、住まいや仕事など、移住に役立つさまざまな情報を確認できる方法です。

気になる移住先があれば、移住相談会や移住体験に参加をして確認しましょう。

5.【6STEPでわかる】各種支援制度の利用方法

ここでは、移住支援制度や自治体支援制度の利用方法について、紹介します。

利用方法を把握していないと、条件をクリアしていても、支援制度を受けられず困ってしまうでしょう。

以下は、支援制度を利用する際の主な6STEPです。

  1. 移住先を決める
  2. 移住支援制度の内容や条件を確認する
  3. 移住する
  4. 支援制度の申請や必要書類の提出
  5. 移住支援の条件をクリア
  6. 移住支援を受ける

各STEPの内容について、確認していきましょう。

ステップ1.移住先を決める

移住支援制度や自治体支援制度を利用するために、まずは移住先を決めましょう。

移住先が決まらないことには、支援制度を利用することはできません。

  • 移住目的
  • 住宅事情
  • 仕事内容
  • 教育環境
  • 支援制度

など、さまざまな観点から、自分に合った移住先を決定します。

ステップ2.移住支援制度の内容や条件を確認する

移住先を決めた後は、支援制度の内容や条件を確認します。

地域によって、利用できる支援制度は異なるため、内容や条件はできるだけ早く確認をしましょう。

  • 半年間以上の就業
  • 住宅の建設・リフォーム
  • 婚姻届の提出

など、支援制度によって条件はさまざまです。

支援制度がたくさんあっても、必ず利用できるとは限りません。

条件などわからないことがあれば、相談会に参加したり、電話して聞くようにしてください。

ステップ3.移住する

移住の準備が整ったら、移住をします。

移住前には、移住セミナーや移住体験に参加するようにしましょう。

支援制度の内容だけでなく、住宅事情や環境について確認できるためです。

ステップ4.支援制度の申請や必要書類の提出

支援制度の必要書類を提出して申請をします。

自治体や支援制度の内容によって、必要書類や申請手順が異なるため、入念に確認をしておきましょう。

ステップ5.移住支援の条件をクリア

支援制度を申請し、条件をクリアしていることが認められると、支援制度を受けることができます。

もちろん、条件をクリアできていない場合は、移住支援制度を受けることはできません。

ステップ6.移住支援を受ける

家賃補助や支援金など、移住支援を受け取ります。

支給スケジュールは、支援制度によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

6.各種支援制度を利用する際に「必ず注意するべき4つの注意点」

移住支援制度や自治体支援制度を利用する際、ここで紹介する注意点を蔑ろにすると、移住生活に失敗する可能性があります。

注意点を把握していれば、満足のいく支援制度や移住生活を送ることが可能です。

ここでは、以下4つの注意点を紹介していきます。

  1. 適用条件に合致するか確認する
  2. 支援制度の内容だけで移住先を決めない
  3. 3最新の支援制度情報を確認する
  4. 移住体験をせずに決めない

それぞれの注意点について、詳しく見ていきましょう。

注意点1.適用条件に合致するか確認する

移住支援制度や自治体支援制度を利用する際は、適用条件に合致するか確認しましょう。

支援制度によって適用条件が異なり、条件に合致しないと支援制度を受けることはできません。

たとえば、国の移住支援金は、以下3つの条件に合致する必要があります。

  • 東京23区在住者もしくは通勤者(直近5年以上)
  • 東京圏以外もしくは東京圏内の一部地域へ移住
  • 支援金対象求人に就業した場合

事前に必ず適用条件を確認しましょう。

注意点2.支援制度の内容だけで移住先を決めない

支援制度の内容だけで移住先を決めないように、注意しましょう。

  • 毎月3万円の家賃補助
  • 新築住宅を建てると100万円
  • 子どもが産まれると20万円

など、魅力的な支援制度はたくさんありますが、支援制度だけで移住先を決めると後悔してしまいます。

住まいや環境、仕事などで妥協が必要になるためです。

充実した移住生活を送るためにも、支援制度以外の要素も考慮した上で、移住先を選びましょう。

注意点3.最新の支援制度情報を確認する

移住支援制度や自治体支援制度を利用する際は、最新の情報を確認するようにしましょう。

支援制度の内容や条件が変わっている可能性があるためです。

自治体に電話したり、移住相談会や体験に参加すれば、確実に最新情報を得ることができます。

注意点4.移住体験をせずに決めない

気になる移住先が見つかった場合、まずは移住体験をしましょう。

移住体験をすれば、移住地の様子を確認できますし、最新の支援制度情報を得ることができます。

移住体験は、多くの地域で開催されていて、補助金等により費用負担も少なめです。

移住体験には積極的に参加するようにしましょう。

7.移住をしたいなら「移住サポートサービス」を利用しよう!

ここまでは、おすすめの移住支援制度やその注意点を解説しました。

では、この後すぐに移住に踏み切れるでしょうか?

「正直、いきなりの移住は怖くてなかなかできない…」

という方が多いと思います。

そんな場合におすすめなのが、移住サポートサービスです。

移住サポートサービスとは

「移住先での職探し」や「空き家の提供」などの最新情報を教えてくれるサービスのこと。

また、そのほかに困っていることなども相談に乗ってくれます。

初めての移住で、困りがちなことは全て解決可能です!

移住サポートサービス「Komforta(コンフォータ)」

移住サポートサービス「Komforta」は、移住先のわからないことや相談などを、すべて無料で行ってくれます。

移住したいけど、家や仕事がみつからなくて困ってる」

「移住先の環境や土地柄などを知りたい」

など、どんな事でも相談可能です。

相談のための登録も3分ほどでできます。

地方への移住を考えている人はもちろん、地方への移住にあこがれが少しでもある人も、移住先での暮らしがより身近に感じれるはず。

移住が怖くてなかなか踏み出せない人は、気軽に使ってみてくださいね。

\3分ほどで会員登録できます

AI診断で「あなたに合うおすすめの移住先」もわかる!

また、移住サポートサービス「Komforta」では、AI移住シミュレーションも搭載。

全国1741個の地域から「あなたに合う移住地域」がわかります!

診断方法は、6つの画像から、気になる画像を2つ選ぶだけ!

診断が終わると「○○県○○町」という形であなたにオススメの移住地域を教えてくれます。

こちらも、無料で利用することができ、詳しい情報もみることができます。

ぜひ、AI移住シミュレーションも無料相談と合わせて活用してみてください。

\3分ほどで会員登録できます

まとめ

ここでは、おすすめ移住支援制度やメリット、注意点などについて紹介しました。

あらためて、ここで紹介した大事なポイントをまとめると、次の3点が挙げられます。

  • 移住支援制度を利用すれば移住後の経済的負担がラクになる
  • 自治体サイトや移住相談会で最新情報を確認する
  • 魅力的な移住支援制度はたくさんあるが、支援制度だけで移住先を決めない

気になる移住支援制度があれば、自治体サイトを確認し、移住相談会や移住体験への参加を検討しましょう。