限界集落へ移住したい!おすすめの仕事やメリット・デメリットとは

「限界集落へ移住したい!」

「限界集落に移住したいけど、仕事や住居はどうすればいい?」

などと限界集落への移住についてお調べですね。

限界集落への移住は、メリットもあればデメリットもあります。

デメリットや注意点を知らずに移住すると、すぐに街に戻りたくなるのです。

本記事では、限界集落への移住についてメリット・デメリットから自治体の支援制度まで徹底解説しています。

ぜひ参考にして、限界集落への移住を成功させましょう!

目次

1.知っておこう!限界集落の現状

限界集落とは、住民の半数を超えた人が65歳以上の集落のことです。

人口減少と少子高齢化が進む日本では、限界集落の数は2万ヶ所を超えています。

限界集落の内、住民全員が65歳以上の集落は約3,000ヶ所で、自然豊かな山間部の集落に集中しているのです。

また、限界集落の約5%が今後10年以内に消滅してしまうと考えられています。

限界集落への移住者が増えない限り、今後限界集落が減少することは間違いありません。

しかし集落を消滅させないよう、各自治体で様々な移住支援が行われています。

実際に自治体が移住者を募り、限界集落ではなくなった集落もあるのです。

続いて限界集落への移住のメリットやデメリット、自治体の移住支援などをご紹介します。

ぜひ参考にして、限界集落への移住を本気でイメージしましょう!

【参考】令和2年過疎地域等における集落の状況に関する現況把握調査報告書|総務省

2.限界集落の魅力発見!移住の実体験3選

多くの各自治体で、限界集落への移住支援を行っています。

しかし、「実際、限界集落への移住ってどんな感じ?」と思う人もいるはずです。

限界集落への移住をイメージするために、まずは限界集落へ移住した人の体験を見てみましょう。

  1. 車さえあれば不便さをあまり感じない(三重県)
  2. 仕事を紹介してもらいスムーズに定住できた(埼玉県)
  3. コミュニティに積極的に入って暮らす(和歌山県)

3つの実体験を参考に、限界集落への移住の魅力や大変なことを想像してみましょう。

実体験1.車さえあれば不便さをあまり感じない

大阪府出身のAさんは一度就職したものの、学位を取りたいと脱サラして三重大学へ入学しました。

大学入学を機に、親が農地を持っていた三重県の美杉村へ移住することにしたのです。

美杉村は、人口の半分近くを70歳以上が占めている限界集落。

自然が豊かで人が親切、車さえあれば大阪や名古屋など都会まで2時間程度で行けることが魅力とAさんは言います。

また、美杉村はイベントが多く、ほぼ毎週どこかで何かしらのイベントがあるそうです。

このように限界集落の魅力は、自然豊かな場所で暮らせることでしょう。

限界集落と言っても、車があれば都会に出やすい場所も多いです。

実体験2.仕事を紹介してもらいスムーズに定住できた

埼玉県出身のBさんは田舎暮らしに憧れ、地域おこし協力隊として同県にある栃本集落に20代で移住しました。

地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化などの地域で、1年~3年間自治体から仕事をもらいながら定住を図る制度です。

栃本集落は美しい山々が連なる場所で、Bさんは移住初日に「ヤバいところに来ちゃったな」と思ったそう。

しかし実際暮らし始めると、周囲に店がなくても生協の配達や移動販売を利用できるため不便はないと言います。

近所の人にも孫のようにかわいがってもらい、たびたび夕飯をご馳走になるそうです。

地域おこし協力隊の任期満了後、紹介してもらった仕事に就きスムーズに定住できました。

限界集落への移住では、仕事が課題の一つとなります。

仕事が見つかるか不安な人はBさんのように、まずは地域おこし協力隊に参加してから、正式な仕事を探すのも手です。

実体験3.コミュニティに積極的に入って楽しく暮らす

大阪府で造園業をしていたCさんは、和歌山県の大塔村に移住しました。

きっかけはCさんの妻が、たまたま大阪で移住フェアに参加して和歌山県のブースで定住センターの担当者と話したことです。

Cさんの移住した大塔村の集落は、たった6世帯の集落でした。

Cさん以外の世帯は80歳~90歳代の人だけで、40代のCさんは頼まれて消防団など役という役にほとんど就いたそうです。

積極的にコミュニティに関わってきたCさんは、地域の人とどんどん顔見知りになり移住生活を楽しんでいます。

限界集落は高齢者が多いため、移住すると働き手として様々なことを頼まれる可能性が高いです。

しかし、Cさんのように積極的に関わることで、田舎暮らしを満喫できるでしょう。

3.限界集落へ移住する5つのメリット

実体験を読んで、限界集落への移住イメージが少しできた人もいるでしょう。

もっと移住を具体的にイメージするために、限界集落へ移住するメリットを紹介します。

限界集落へ移住するメリットは、次の5つです。

  1. 自然が豊か
  2. 生活がゆったりしている
  3. 新鮮な食材が手に入る
  4. 物価・家賃が安い
  5. 密な近所付き合いができる

5つのメリットを順番に見ていきましょう。

メリット1.自然が豊か

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

♖ ♞(@jun96555)がシェアした投稿

限界集落は山間部や島、海辺など、自然豊かなところにあります。

ホタルなど都会では見つけられない虫や動物にも出会えるはずです。

過疎地であるため人も少なく、美しい自然を目にすることができるでしょう。

メリット2.生活がゆったりしている

限界集落の生活は、都会に比べてゆったりしています。

東京や大阪など大きな街から来た人は、驚くほど時間がゆっくり進むはずです。

都会の忙しなさにうんざりしている人は、時間に厳しく縛られない生活を送れるでしょう。

メリット3.新鮮な食材が手に入る

限界集落の主な産業は一次産業のため、野菜や魚など新鮮な食材を手に入れられます。

直売所や道の駅もあり、とれたての食材を購入できるのです。

近所の人が野菜などをおすそ分けしてくれることも少なくありません。

いつでも新鮮な食材を手に入れ、おいしい料理を作れるでしょう。

メリット4.物価・家賃が安い

限界集落は、物価や家賃が安いです。

特に近くで採れる農産物は、安く購入できます。

家も余っていて、さらに固定資産税も安いため、家賃も家の購入費も安いです。

ただし、車が必要だったり、工業製品を買うために遠くまで行かなかったりと、都会に比べて生活費が極端に安くなることはありません。

メリット5.密な近所付き合いができる

限界集落では世帯数も少なく、非常に密な近所付き合いができます。

都会の希薄な隣人関係に不安や物足りなさを感じている人にとって、新鮮で居心地の良い暮らしができるでしょう。

人が少ないため協力して暮らしていかなければならず、既存の住民だけでなく、移住者同士も仲良くなれます。

煩わしいこともあるかもしれませんが、集落全体が家で住民たちと家族のような関係を築けるでしょう。

4.限界集落へ移住する5つのデメリット

限界集落へ移住するメリットを見てきましたが、デメリットもあります。

メリットよりもデメリットを知っておく方が、実際に移住したときに困惑しません。

限界集落へ移住するデメリットは、次の5つです。

  1. 自然が厳しい
  2. 家探しが難しい
  3. 徒歩圏内に娯楽施設が少ない
  4. 電波が悪い
  5. 独特の慣習・ルールがある

順番に限界集落移住のデメリットを確認しましょう。

デメリット1.自然が厳しい

限界集落は自然豊かな場所にありますが、自然環境が快適とは言えません。

たとえば、虫が多いため、虫嫌いの人は移住に向いていないでしょう。

また、山間地は気温が低いです。

ガス代も都会より高く、冬は暖房代がかかります。

自然環境に慣れていないと、苦労する場面に必ず直面するはずです。

厳しい自然環境に勝つためには、助け合える近所付き合いをしましょう。

デメリット2.家探しが難しい

限界集落は空き家が多いですが、居住できる家を見つけられない可能性があります

なぜなら、空き家の多くは放置されているため、所有者と連絡がつかないからです。

限界集落に不動産屋があることも少なく、大きな街の不動産屋から家を探してもらうことになります。

自治体が空き家を管理していることも多く、自治体を通して家を見つけられるかもしれません。

そのため、「移住する」と決めたらすぐに家探しをしましょう。

リフォームが必要な場合も多い

限界集落で家を見つけても、リフォームをしなければ住みにくいことがあります。

なぜなら、限界集落の家は古いことが多いからです。

古民家は田舎暮らしの魅力ですが、古い家で暮らすためにはお金がかかります。

家賃や税金など住居費は安くても、修繕費が必要となるのです。

限界集落で家を探すなら、多少の修繕費がかかることを想定して家を探した方が見つかりやすいでしょう。

デメリット3.徒歩で行ける施設が少ない

限界集落には娯楽施設がほとんどありません。

徒歩圏内に映画館やカラオケなどの娯楽施設は少なく、買い物できる店も少ないでしょう。

そのため限界集落で暮らすためには、車が必要です。

娯楽施設や店だけでなく、病院や市役所といった生活の上で重要な施設も車がなければ行けません。

限界集落で暮らすなら、歩いて行ける範囲に娯楽施設や病院がないことを覚悟しましょう。

デメリット4.電波が悪い

限界集落で暮らすなら、電波の悪さと付き合っていかなければなりません。

なぜなら、限界集落はへき地にあるからです。

携帯電話は圏外を示すこともあり、電波を全く受信しないこともあります。

しかし、電話やインターネットが必要なこともあるはずです。

固定電話や固定回線を引くと安定した通信環境を得られます。

移住先で電話やインターネットを使った仕事をするなら、固定回線を引きましょう。

デメリット5.独特の慣習・ルールがある

限界集落には、独自の慣習やルールがあります。

たとえば、ゴミの出し方や会合の席など生活に根付いたルールがあるのです。

都会から来ると、非合理的なことに見えるかもしれません。

しかし、住民はずっと彼らのルールに従って暮らしてきています。

もし面倒でルールに従わない場合、限界集落で孤立してしまう可能性が高いです。

どんな慣習やルールでも、まずは素直に従いましょう。

5.限界集落への移住に向いている人の3つの特徴

限界集落のメリットとデメリットを見てきて、「自分は移住に向いているかな?」と気になる人もいるはずです。

限界集落に向いていない人が移住すると、すぐに元の街へ帰りたくなります。

次の3つのような特徴を持つ人は、限界集落暮らしを満喫できるでしょう。

  1. 自然環境が好き
  2. 工夫して暮らせる
  3. 近所付き合いができる

向いている人の特徴をさらに詳しく確認しましょう。

特徴1.自然環境が好き

限界集落の自然を受け入れて暮らせる人は、移住に向いています。

たとえば、自然が近いということは、自然災害も起きやすいです。

山間なら土砂崩れ、海辺なら津波といった自然に近いゆえに街に比べて自然災害に弱いところがあります。

自然災害で被害を絶対に受けたくない人は、限界集落での生活に向いていません。

また、街では見ないほどたくさんの虫もいるのです。

「小さな虫でも触れない」といった人は、限界集落の暮らしを苦痛に思うでしょう。

このように自然環境を受け入れて暮らしていける人は、限界集落にぴったりです。

特徴2.工夫して暮らせる

限界集落は、はっきり言って不便なことが多いです。

それでも工夫して暮らせる人は、限界集落への移住に向いています。

たとえば、限界集落の周辺に店は少なく、コンビニやスーパーまで車で行かなければならないことが多いです。

夜間開いている店もほとんどないため、急に必要になったものをすぐに買いに行ける環境ではありません。

本州であっても、通販で購入した物がすぐに届かないこともあります。

このような状況のため、限界集落で暮らすには「自分で何とかする」ことが大切です。

そのため創意工夫が好きな人の方が、限界集落の暮らしも快適に過ごせるでしょう。

特徴3.近所付き合いができる

近所付き合いが苦にならない人は、限界集落で暮らしやすいでしょう。

なぜなら、限界集落は住民の人数が少ないからこそ、都会より密な関係を築かなければならず、近所付き合いが必須だからです。

特に若い人が移住すると、様々な頼まれごとをされるでしょう。

集落の雑用を引き受けていける人なら、すぐに集落に馴染めるのです。

反対に、距離の近い人間関係が苦手な人は、限界集落の移住に向いていません。

そのため限界集落に移住するなら、人付き合いを煩わしく思わない人の方が向いています。

6.移住前に探そう!おすすめの5つの仕事

限界集落への移住に向いている人でも、仕事がなければ定住しづらいです。

移住後の仕事は、移住前に探すことをおすすめします。

なぜなら、移住してから探そうとしても、限界集落では仕事を見つけられないからです。

限界集落でできる仕事を5つ紹介します。

  1. 一次産業
  2. 地域おこし協力隊
  3. 在宅ワーク
  4. 福祉系の仕事
  5. 企業・事業承継

このような仕事を行える準備をしてから、移住しましょう。

仕事1.一次産業

農業、漁業、林業など一次産業の仕事なら、比較的限界集落でも見つけやすいでしょう。

なぜなら、一次産業は限界集落の主な産業だからです。

しかし、一次産業だけで暮らしていけるためには数年かかります。

そのため、他の仕事と兼業することが望ましいです。

一次産業は慢性的な後継者不足であり、後継者に悩む農家などの手伝いとして働くこともできます。

次のようなサイトから、一次産業の情報を確認してください。

サイト 内容
全国新規就農相談センター 新しく農業をしたい人に地域ごとの情報を提供しています。
無料個別相談も受け付けていて、メールで相談することも可能です。
一次産業ネット 一次産業への就職や転職を考えている人の就活サイトです。
アルバイトから正社員まで雇用形態と仕事を検索できます。
あぐりナビ 農業、酪農、畜産、牧場を中心に田舎での仕事探しを支援する求人サイト。
農業専門のアドバイザーが無料で相談にのってくれます。

仕事2.地域おこし協力隊

地域おこし協力隊として、一定期間働いて移住するのも一つの手です。

たとえば、一次産業以外に鳥獣対策や地域のコミュニティ作りのための人員を募集しています。

地域おこし協力隊の在任期間は、1年~3年です。

自治体の委嘱で業務を行うため、自治体から報酬や支援を受けられます。

任期が決まっているため、まず地域おこし協力隊として地域の魅力を知ってから、定住を考えてみても良いでしょう。

仕事3.在宅ワーク

在宅でできる仕事なら、移住後も困りません。

会社に勤めていても在宅勤務が可能なら、限界集落へ移住できます。

ただし、在宅ワークをするならインターネットは固定回線を引きましょう。

テザリングやモバイルルーターだと、電波の悪い限界集落では仕事になりません。

電話が必要なら、固定電話にすることをおすすめします。

仕事4.福祉系の仕事

介護や看護の仕事なら、限界集落でも暮らしていけます。

近隣の町の老人ホームやデイサービスで、いつでも人員を募集しているでしょう。

他にも送迎や家事手伝いなど、高齢者のサポートは需要があります。

求人は移住先のハローワークを利用すると、紹介してもらいやすいです。

福祉関係の求人情報は、IターンやUターンする人向けの自治体のサイトでも見つけられます。

仕事5.起業・事業承継・継業

限界集落への移住を機に、起業することもできます。

ある程度資金があれば、一次産業や伝統文化など後継者に悩む事業を譲渡(事業承継)してもらうことも可能です。

移住先での起業や事業承継は、国でも推奨されています。

地域おこし協力隊として移住した先で事業承継すると、国から最大500万円の補助金を支援してもらえる制度があるのです。

また、資金がなくても地域に必要な仕事を継ぐ「継業」も注目されています。

このような仕事の仕方に興味がある人は、次のようなサイトで情報を収集しましょう。

サイト 内容
継業バンク 継業したい人と事業を継いでほしい人を繋ぐサイトです。
継業だけでなく事業承継や弟子入りについての情報も掲載されています。
事業引継ぎポータルサイト 事業承継をサポートする全国の事業引継ぎ支援センターにアクセスできます。
事業引継ぎ支援センターでは、無料で事業承継の相談が可能です。

7.絶対に利用すべき主な3つの移住支援

移住先での仕事について確認しましたが、移住には他にも不安なことがあるはずです。

各自治体では、移住のために様々な支援をしてくれます。

限界集落へ移住するなら、次の3つの支援制度を知っておきましょう。

  1. お試し移住
  2. 住居の支援金
  3. 就業のサポート

ただし、全ての自治体が上記全ての支援制度を行っているわけではありません。

具体的な内容や支援については、各自治体に問い合わせましょう。

次のようなサイトでも、全国の移住支援制度を検索できます。

サイト 内容
JOIN 各自治体ごとに支援制度を確認できます。
制度をクリックすると直接自治体のサイトにアクセス可能です。
goo 住宅・不動産 全国815自治体の移住支援制度を検索できます。
都道府県ごとに一覧で比較でき、自治体の支援を一目で確認したいときに便利です。

自治体の支援をぜひ利用して、お得に移住しましょう。

支援1.お試し移住

実際に移住する前に、移住生活を体験できるお試し移住を支援する制度があります。

お試し移住は数日~数週間、移住先で生活することです。

お試し移住をするにあたって、助成金が出る自治体もあります。

たとえば、秋田県北秋田市だとお試し移住に必要な交通費や滞在費など最大5万円を助成してもらえるのです。

このような支援制度を使って、本当に移住しても生活できるかを確認しましょう。

支援2.住居の支援金

移住をするにあたって、住居が必要です。

住居の紹介や改修費を補助してくれる制度が、多くの自治体で行われています。

たとえば、鹿児島県鹿屋市では、物件の改修費の補助が最大30万円出るのです。

他にも、家財道具の処分費用や引っ越し代の補助を支援してくれるところもあります。

限界集落で見つける物件は、改修費が必要な場合が多いため、必ずチェックした方が良い支援制度です。

支援3.就業のサポート

移住先での就業をサポートしてくれる支援もあります。

職業紹介だけでなく、新規就農者支援や市内で就職や起業した人に奨励金を交付する自治体もあるのです。

たとえば、福井県越前市は圏外から移住してきた人が起業すると、最大200万円を助成してくれます。

移住するなら、自治体の支援制度をしっかり確認しましょう。

8.覚えておくべき!限界集落へ移住するための4つの注意点

ここまで限界集落への移住に関して、メリットやデメリット、支援制度などを見てきました。

最後に、限界集落へ移住するための注意点を確認しましょう。

注意点を知らずに移住すると、すぐに移住先の生活が苦しくなります。

限界集落への移住の注意点は、次の4つです。

  1. 住民は尊敬しよう
  2. 地域のルールは理由を知って馴染もう
  3. 地域特有のデメリットを知ろう
  4. お試し期間を設けよう

それぞれの注意点を順番に見ていきましょう。

注意点1.住民は尊敬しよう

限界集落の住民と良い人間関係を築くため、住民を尊敬しましょう。

なぜなら、住民を軽んじるような態度だと、住民に受け入れてもらえないからです。

限界集落は世帯数も少なく、受け入れにくい人物ともコミュニケーションを取らなければならない場面があります。

お互いに尊敬できれば良いですが、難しいときもあるはずです。

しかし、まずは新参者である自分から住民を尊敬し、快適に暮らせる人間関係を築きましょう。

注意点2.地域のルールは理由を知って馴染もう

地域独自のルールには、理由を知って慣れましょう。

限界集落には、非合理的なルールがあるかもしれません。

「おかしいな」と思ったら、それとなくルールの理由を近所の人に聞いてみましょう。

理由を知れば納得できる可能性があります。

納得できなくても、集落に馴染まない内は我慢して従った方が円満に生活できるでしょう。

焦らず、集落に馴染んでから、ルールの改定を進めれば良いのです。

注意点3.地域特有のデメリットを知ろう

限界集落へ移住するなら、移住先の地域特有のデメリットを知りましょう。

なぜなら、デメリットを知らずに移住すると、思わぬトラブルに見舞われるかもしれないからです。

たとえば、台風の直撃が多い地域と知らずに移住し、対策をせずに台風に遭ってしまい家を破損するといった事態になります。

移住前に自然災害、気象、気温、地形など、しっかり下調べをしましょう。

注意点4.お試し期間を設けよう

限界集落への移住は、お試し期間を必ず設けましょう。

なぜなら、お試し移住をせずに移住すると、実際の生活と自分のイメージとが合わないかもしれないからです。

限界集落で生活するということは、一時的な滞在だけで分からないことが多くあります。

短くても2週間程度は、移住する前に生活してみましょう。

まとめ

限界集落への移住は、メリットもデメリットもあります。

限界集落への移住を成功させるためにも、次の4つのことを心に留めておくことが大切です。

  1. 住民は尊敬しよう
  2. 地域のルールは理由を知って馴染もう
  3. 地域特有のデメリットを知ろう
  4. お試し期間を設けよう

限界集落への移住は、大変なこともたくさんあります。

しかし、デメリット以上に楽しいこともあるのです。

上記の4つのことを実践し、自然豊かな場所でスローライフを満喫しましょう。