なぜ移住に失敗するのか?よくある問題7選と地域別の注意点まで解説

「都会の喧騒から離れてのびのびと暮らしたい」

と感じる人は現代で増えてきています。

しかし、「移住」は生活スタイルを大きく変える決断なのでしっかり下調べを行わないと失敗しかねません。

本記事では移住における失敗例を詳しく解説します。

まずは失敗例を知り、移住のリスクを知った上で対策を取りながら実行しましょう。

まずは、AI移住シミュレーションであなたに向いてる「移住先」を確認しよう!

AI移住シミュレーションとは?

AI診断を使って、全国1741個の地域から、自分自身に合った「移住地域」を教えてくれるサービス。

まずは、地方移住サービス「Konforta」AI移住シミュレーションを使って、自分に合う移住地域を確認することがおすすめです。

これによって、「移住してみたけど、自分が思い描いていた場所じゃなかった…」という、失敗をなくすことができます。

使い方は、6つの画像から、気になる画像を2つ選ぶだけ!

また、会員登録をすることで詳しい地域の情報も見ることが可能です!

登録は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてください。

\3分ほどで会員登録できます/

目次

1.移住の失敗例とは?


移住の失敗例を知ることは、移住を成功させる上で非常に重要なステップです。

しっかりリスクを知った上で行動しないと、移住は大きな後悔をしてしまいます。

そのくらい移住は、「転職」を含め大きな人生の分岐点になるのです。

移住の失敗には、以下のような様々な原因があります。

  • 移住前の失敗(収入、家族の説得など)
  • 移住先での失敗(生活の環境、人間関係、地域の特性など)

このように移住の失敗の原因は多岐に渡るため、できる限り多くの失敗例を読んで自分が同じトラブルに陥らないかをしっかり確認することを強くおすすめします。

甘く考えずにまずは失敗例を学ぶことが重要です。

2.移住前の問題が解決できず失敗するケース2選

    

移住を成功させるにはまずは準備段階から着実に問題を解決していくことが大切になります。

なぜなら、深く考えずに思いつきで行動してしまうと移住後いきなりつまづくことになってしまうためです。

移住前には、以下の2つの典型的な失敗例があります。

  1. 収入の問題
  2. 家族を説得できない

これらを解決できなければ確実で気持ちの良い生活をスタートすることはできません。

以下ではこれらの失敗例を詳しく解説していきます。

まずは、それらを学んだ上で自らの現状に照らし合わせてみましょう。

ケース1.収入の問題

十分な貯金や収入がないままに思いつきで行動してしまうと、移住は失敗してしまいます。

移住には多額の費用がかかるためです。

移住に伴い転職を行う人は非常に多いです。

しかし転職する場合は、仕事が見つかるまでは収入が実質ゼロということになります。

仕事がなかなか見つからない事態も想定してことが必要です。

また、たとえ自営業を行っていたとしても環境が変われば必ずしも成功するとは限りません。

なので、移住を行うには初期費用以上に余裕をもった金額を確保した上で行わないと早い段階で経済的に失敗するでしょう。

このように安定した移住生活を確保するためには、十分な収入基盤を築いておくことが欠かせません。

ケース2.家族の理解を得られない

移住は自分1人の問題ではないので、家族の理解を得られなければ失敗する原因になる可能性は非常に高くなります。

家族やパートナーがいる場合は彼らと合意することが必ず必要です。

でなければ、家庭内での信頼関係が崩壊してしまうことになりかねません。

ここで重要なことは以下のような譲れない条件を互いに提示しあうことです。

  • 海がいいのか山がいいのか
  • どのくらいの田舎なら大丈夫か
  • 好きな気候はなにか

このような情報は自治体のサイトを調べれば得られるものがほとんどです。

移住には家族の理解と協力が必要不可欠です。

一緒に住むにしろ、別居するにしろ、しっかりとコミュニケーションをはかりながら計画を進めましょう。

2.移住先でよく発生する失敗ケース5選

いざ移住を始めると環境が180度変わってしまうので、事前にどのようなトラブルが起こりうるかを把握しておくことは大切です。

移住先で頻繁に発生する失敗例は以下になります。

  • 生活費が想定以上にかかる
  • 人間関係に馴染めない
  • 気候や風土が合わない
  • 仕事探しに苦労する
  • 住宅が古くて不便

金銭面から利便性、さらには人間関係までトラブルの種は様々です。

なのでまずは失敗例を1つ1つ詳しく知っていきましょう。

以下でこれらについて説明していきます。

起こりうるトラブルを知った上で、自分の性格や経済状況は果たして本当に移住に適しているのかをじっくり考えることが重要です。

ケース1.車が必須で生活費が思ったよりかかり失敗

田舎では車が必須なので、生活費が想像以上にかかり金銭的に苦しくなることがあります。

「田舎は物価が安いだろう」

と安易に考えていませんか。

たしかに物価は都市に比べれば安いこともあります。

一方で今まで必要なかった経費が発生することもあるのです。

その典型例が「車」です。

地方は公共交通機関が整備されていなかったり、あったとしても1時間に数本運行というケースがほとんどなので、車移動が必然的に多くなります。

その結果、維持費やガソリン代などの生活費が想定以上に発生してしまい金銭的に苦しくなっていくのです。

失敗を防ぐためにも、地方に移住する際は車移動がほとんどになることを想定した上で余裕をもった予算を立てることが必要になります。

ケース2.ややこしい人間関係になじめず失敗

地方では都市に比べて人間関係が大きく異なるので、それに馴染めなければ移住生活は失敗してしまいます。

田舎では人口も少なく、ご近所同士の結びつきは強いです。

このことから、以下の3点のような特徴が田舎の人間関係にはあります。

  1. 近所付き合いが多い
  2. プライベート空間が小さい
  3. 地域イベントへの強制参加

まずご近所さんとの付き合いは避けては通れません。

さらには田舎では勝手に他人が玄関に入ってくるなんてことも日常茶飯事です。

また、人間関係の濃さから地域イベントがあれば半強制参加を強いられることになります。

このように人情味溢れることは田舎の良さではありますが、それがかえってストレスになることもあるです。

コミュニティが小さいからこそ一度人間関係をこじらせてしまうと、その後が大変になるでしょう。

移住前に、このような田舎特有の人間関係に耐えられるかを冷静に考えることは失敗を防ぐために重要です。

ケース3.気候や風土がが自分に合わず失敗

気候や風土が想像よりも合わなかったことによる失敗も、典型的な移住失敗例の1つと言えます。

なぜなら、インターネットで調べた情報と肌感で感じる文化や気候は大きく異なるためです。

みなさん移住先の気候や風土を事前にチェックしているはずですよね。

しかし、その情報を鵜呑みにしたり軽く考えていませんか。

例えば、北海道の冬のマイナス温度を体感したこともないのに大丈夫だろうと軽く考えて考えて失敗する人は非常に多いです。

このように現地の風土や気候は実際に体感してみないとわからないことがたくさんあります。

もし一度も行ったことがない場所に移住を考えているならば、事前に何度か訪問することをおすすめします。

その上で自分は移住先の環境に適応できるのかを確認しましょう。

ケース4.理想的な仕事が見つからず失敗

「移住してから仕事を探す」という方法を取っている人は、移住を失敗してしまう可能性が高くなります。

田舎で理想的な仕事を見つけることは想像よりもハードルが高い場合もあるためです。

「田舎は人手不足なのですぐ仕事が見つかるだろう」

という安易な考えで移住を行ってしまう人が多くいます。

しかし、田舎の雇用情報には以下のような特徴があるのです。

  • 募集がそもそも少ない
  • 業種が偏りがち

都会のように幅広い選択肢がある訳ではありません。

なので移住してから仕事を探したけれど

「理想な仕事が見つからない」

という苦労に陥りがちなのです。

これらを防ぐためには、事前にどのような産業が栄えていて、どれくらいの雇用があるのかを調べるようにしましょう。

仕事探しを二の次にしないことが失敗しないコツの1つです。

ケース5.古民家などでの暮らしが想像以上に不便で失敗

田舎は古民家が多いので、その不便さに耐えることができなければ移住生活を楽しむことはできません。

具体的な古民家の不便な点は以下が挙げられます。

  • 修繕費が高額なる
  • 極端に寒い、もしくは暑い
  • 欠陥住宅の可能性もある

古民家での生活は都会では味わえない移住生活の醍醐味と言えます。

土地も安いので広い住宅を手に入れられる可能性も高いです。

一方で機能面はやはり都会の住宅よりも劣ってしまうため、それらに耐えられるかがポイントになります。

事前に古民家の状態を確認しておくことで、移住後のギャップに苦しむ可能性が低くなります。

3.地域別!国内で地方移住した際の失敗例

地域特有の特徴に苦しんで移住に失敗する人も大勢いるので、それらを知る必要があります。

日本国内で特に人気の移住先は以下の通りです。

  1. 北海道
  2. 長野県
  3. 福岡県
  4. 島根県
  5. 沖縄県
  6. 離島(宮古島)

しかし人気の移住先であっても必ずしも最高の移住生活が待っている訳ではありません。

それぞれの特徴があり、それらを理解していないと移住後に苦しむことになります。

そしてそれは決して珍しいケースではないのです。

以下では人気移住先ごとの失敗例を解説するので、移住検討中の方はぜひ参考にして移住先を決定してください。

1.札幌は冬の気候をしっかり把握する必要がある

札幌の冬の寒さと期間は想像以上なので、しっかり事前に把握しなければいけません。

北海道に移住する人多くは、広大な自然を求めてくる人が多いです。

しかし、北海道の冬の寒さの本当の厳しさは経験しなければわかりません。

特に暖かい地方から来た人はかなりの心の準備が必要です。

さらに、北海道は冬の期間が長く日照時間も短いので、かえって日本の自然の四季を感じられず後悔する人も多くいます。

やはり気候に対しても入念に準備することが大切です。

インターネットでできる限り情報を入手し、不安な方は一度北海道に足を運び冬の寒さを体感してみることをおすすめします。

2.山が多く住居が限定される長野

長野県は広大な自然をイメージしますが、実際は居住地が限定されることを覚えておきましょう。

なぜなら、長野県の面積に占める山地の割合が非常に高いためです。

なので、山の生活を求め長野県に移住する人がいますが、実際に住めるエリアは限られています。

この結果

「住宅エリアが想像よりも自然に遠い」

「土地の値段は比較的高い」

という失敗に直面する例が多く発生しているのです。

なのでこれらを理解した上で、できるだけ自分の条件にあった物件を探すことが重要になります。

3.移住者が多い福岡でも失敗はある

福岡移住は年々人気が上昇していますが、失敗例があるのも例外ではありません。

福岡にも把握しておかなければいけないデメリットがあるからです。

具体的には以下の2つになります。

  1. 想像以上にコンパクト
  2. .新規事業がアツいという噂は信じすぎないほうがいい

超田舎は不安だからまずは「程よい福岡」、という理由で移住する人が多いです。

しかし、有名な博多市内においても栄えているエリアはごく一部だと言えます。

少し中心地から離れるだけで娯楽施設が一気に減ってしまうのです。

さらに、IT企業などのスタートアップが盛んという理由から就職面で心配ないだろうという移住者もいますがそれも確実な話ではありません。

実際、スタートアップ企業は増えてきていますが、やはり東京や大阪に比べると一気に数は減るので就職においても事前に調査が必要です。

このような、福岡のイメージと現実のギャップを埋めておくことが福岡移住で失敗しないコツになります。

4.地域の過疎化が深刻な島根

島根県は過疎化がかなり深刻な状況にあるため、職探しにおいて苦労する人が多いです。

島根県は特に地方において過疎化が進んでいます。

その影響で、求人数も減り物価も大きく降下傾向です。

そのため、島根への移住者は「就職活動」の対策を入念に行うことが必須になります

さらに仕事が見つかったとしても年収が大幅に下がってしまう可能性があることを受け入れなければいけません。

過疎化対策のために支援体制が進んでいる島根県ではありますが、職探しにおいて対策をしておかなければ失敗する可能性が高いことを覚えておきましょう。

5.おおざっぱな県民性の沖縄

沖縄県はおおざっぱな県民性のため、きっちりとした都会の生活をしている方は馴染めない場合があります。

沖縄県民はその温暖な気候からかとてもルーズな性格です。

なので以下のようなことからトラブルになることがあります。

  • 時間を守らない
  • 口約束を守らない

几帳面な人からすれば不誠実と感じてしまうかもしれませんが、それが県民性のため受け入れることが必要です。

都会では電車など全てが時間どうりですが、沖縄ではそうはいきません。

都会で几帳面な生活に慣れている方は、一度沖縄への移住を見直す必要があります。

6.本州への移動は船の宮古島

宮古島は船移動が多くなるので、慣れていない人はかなりストレスを感じることがあります。

宮古島は小さな離島なので島内で手に入れないものを買う、映画などの娯楽施設に行くためには船を利用して移動しなければいけません。

つまり、日常生活の範囲内においても船移動が頻繁に必要になるのです

船移動は他の移動手段と違い揺れもひどく、慣れない人には大きなストレスになります。

さらに値段も決して安いものではないですし時間もかかるのです。

このように島外に出るためには必ず船移動になることを覚悟しておかなければいけません。

4.国別!海外に移住した場合の失敗例

海外に移住を考える際は国内よりも慣れない環境が待ち受けているので、より事前に状況を把握しておくことが必要です。

現在、移住先は国内だけでなく以下のような海外も人気の目的地になっています。

  1. タイ
  2. マレーシア
  3. ハワイ

これらはかなり人気で移住に納得している日本人は増えています。

一方で、やはり日本とは大きく異なる環境に苦しみ帰国する人も後を絶ちません。

言語の壁や文化の違いの以外にも失敗に繋がる要因は存在します。

以下では3カ国の失敗例を述べていくので、まずは環境の違いを理解しましょう。

海外だからこそ慎重に移住を決定することが失敗しないために重要です。

1.日本よりも圧倒的に不衛生なタイ

タイは日本に比べて衛生的に劣るため、耐えられない人が多発しています。

几帳面な人はもちろんですが、そうでない人にとってもタイの衛生環境は慣れるまでにかなりの時間を要します。

具体的には以下のような光景がタイでは見られます。

  • 汲み取り式便所
  • 路上にネズミやゴキブリ
  • 屋台の食べ物に虫が止まっている

これらの光景は首都であるバンコクでも広がっているため、地方ではさらに不衛生な環境となります。

観光と住むことは全く異なります。

長期間その環境で暮らさなければいけません。

不衛生な場所が苦手は方にタイ移住はおすすめできません。

2.海外移住先として人気No1のマレーシアでも失敗はある

海外移住先としてNo1の人気のマレーシアにも当然デメリットがあるため、多くの失敗例が存在します。

具体的には以下の通りです。

  • 以外に置き引きが多い
  • 物価が上昇している
  • お酒や豚肉への制限

マレーシアは治安が良いと評判ですが、やはり安全大国の日本には及びません。

置き引きやスリには注意して生活することが求められます。

さらに現在急成長を遂げる国であって、物価が上昇傾向です。

物価の安い東南アジアで贅沢な生活がしたい移住者にとっては無視できない問題となってきています。

また、マレーシアはイスラム国家のため豚肉やお酒は宗教上食べない人が多いです。

そのため、入手が困難なだけでなく高価なものとして取り扱われています。

「仕事終わりの一杯が幸せ」という日本人にとっては想像以上にきつい制限です。

このように人気の高いマレーシアであっても失敗例はあるので、入念に対策や下調べを怠らないことが重要になります。

3.移住者が多く比較的に安心のハワイ

ハワイは比較的安心の移住地として人気です。

移住者が多く観光地としても人気なのでギャップが少ないことが理由の1つになります。

海外の移住先の中でも特に情報が手に入れやすいといえます。

しかしそれでも安易な行動は避けましょう。

例えば、ハワイは人気リゾート地でもあるため老後に移住を決める人がいます。

しかし老後になって新たな環境になじむことや言語を習得することは想像以上に難しいものです。

なのでよく行く観光地だからといっても、退職後に思いつきで移住することは失敗の典型例ですのでよく検討しましょう。

とはいえハワイは比較的安心なのでしっかりと情報を収集すれば問題がないといえます。

5.移住に失敗したとしても、簡単には帰郷できない

移住に失敗したとしても簡単に帰郷できるわけではないので、移住には入念な計画と下調べが必要です。

移住には以下のような手続きを要します。

  • 住居の住み替え
  • 転職(自営業でない場合)
  • 住民票などの事務手続き

これらは大変な作業なので、移住が失敗したからといってすぐにもう一度その作業をするのはかなり大変です。

また無職状態が続くことになってしまいます。

さらには、移住者の多くは地方団体から支援金をもらっているためその規約によっては一定期間以上住むことが求められているのです。

このように移住は、人生の大きな選択肢であるがゆえに

「なかったことにしよう」

とできる行動では一切ありません。

自らの行動に責任を持って、冷静に判断した上で、移住を行ってください。

6.移住に失敗しない為には、どうすればいい?

移住を失敗させないための入念な計画のために役立つ制度があるので、それらを知っておきましょう。

これまで移住の様々な失敗例とリスクを解説してきました。

移住はどれだけしっかりとした計画が必要であるかはわかっていただけたでしょう。

そこで、以下では実際に移住を失敗させないために有効な制度を紹介します。

制度を把握して必要に応じてぜひ活用してみましょう。

対策1.移住体験で移住先の空気を知る

移住を体験できる制度として「移住体験」があるので、それについて把握しましょう。

移住体験には以下のように2つの形があります。

  1. パッケージ型 
  2. オーダメイド型

パッケージ型は日程やプログラムがあらかじめ決められているのに対して、オーダーメイド型はそれらを自分で決定することができます。

自分が知りたいことややりたいことに応じてどちらにするかを決められるのです。

さらに移住体験には無料のものもあるのです。

市町村によって実施の有無や時期は異なりますが、実際に体験できるのはなによりの参考材料となるのでぜひ参加してみましょう。

対策2.セミナーやイベントを通し、移住先の住民と交流する

イベントに参加して移住先の住民の話を聞くことで移住のイメージを作ることができます。

なぜなら、現地人ならではの情報や、彼らの雰囲気を知ることができるからです。

インターネットにある情報だけではやはり確かだとは言えません。

しかし、実際に現地の方の話を聞くことで確実な情報が得られます。

さらに短い交流であったとしても彼らの雰囲気を感じ取れることができるのです。

その中で自分の個性や性格がその人たちにマッチするのかどうかを肌感で感じることができるのでこれは大きなメリットだといえます。

このように移住体験に都合が合わなくても、このようなイベントは定期的に行われているので自治体のウェブサイトを確認しましょう。

イベントを参加することで具体的な移住のイメージ掴むことは失敗を防ぐ上で重要です。

対策3.AIシミュレーションで自分に合った移住地域を確認する

地方移住サービス「Konforta」AI移住シミュレーションを利用すると、全国1741個の地域から、あなたに合った「移住地域」がわかります。

これによって移住先での失敗を極力減らすことが可能です。

使い方は、6つの画像から、気になる画像を2つ選ぶだけ!

すると、「○○県○○町」という形であなたにオススメの移住地域を教えてくれます。

また、会員登録をすることで詳しい地域の情報も見ることが可能です!

登録は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてください。

また、Komfortaでは「地方での職探し」や「空き家の提供」までサポートしてくれます。

初めての移住で、困りがちなことは全て解決可能です!

また、相談にお金は一切かかりません。

「いきなりの移住は怖くてなかなかできない…」

という人でも、地方での暮らしが身近に感じるきっかけになるはずです。

地方への移住を考えている人はもちろん、地方への移住にあこがれが少しでもある人も、ぜひAI移住シミュレーションと合わせて活用してみてください。

\3分ほどで会員登録できます/

まとめ

本記事では、移住における失敗例について解説してきました。

移住は環境が大きく変わる引っ越しなので失敗のリスクが高いです。

しかし、本記事を読み失敗例を知った上でしっかりと計画を立てれば問題ありません。

これを参考に素晴らしい移住生活を始めましょう。