沖縄移住は最悪?後悔?失敗しない移住の手順と使える支援を徹底解説

沖縄のキレイな海を見れば、一度は頭をよぎる沖縄移住。

大自然に囲まれて暮らす夢を描き、沖縄移住する人は後を絶ちません。

しかし後悔する人も多く、帰ってしまう人もいるようです。

なぜ沖縄移住は最低と言われ後悔するのか、理由をお話していきます。

併せてメリットやおすすめの移住地、移住の手順もご紹介します。

沖縄に移住を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

まずは、AI移住シミュレーションであなたに向いてる「移住先」を確認しよう!

AI移住シミュレーションとは?

AI診断を使って、全国1741個の地域から、自分自身に合った「移住地域」を教えてくれるサービス。

まずは、地方移住サービス「Konforta」AI移住シミュレーションを使って、自分に合う移住地域を確認することがおすすめです。

これによって、「移住してみたけど、自分が思い描いていた場所じゃなかった…」という、失敗をなくすことができます。

使い方は、6つの画像から、気になる画像を2つ選ぶだけ!

また、会員登録をすることで詳しい地域の情報も見ることが可能です!

登録は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてください。

\3分ほどで会員登録できます/

目次

1.沖縄移住を後悔した3人の体験談

まずは沖縄移住を後悔した体験談を見ていきましょう。

「賃金が安い」「台風問題」「ゴキブリは当たり前」など、温暖な気候ならではの悩みもあるのです。

それぞれ下記の注意点で詳しくお話していきます。

  1. 賃金が安い
  2. 夏には台風が週1でくる
  3. よくゴキブリに遭遇する

まずは沖縄移住した生の声を覚えておきましょう。

ケース1.賃金が安い

沖縄移住の大きなデメリットの一つが賃金の低さです。

リゾート感覚で移住してしまうと、痛い目をみるかもしれません・・・。

ケース2.夏には台風が週1でくる

本土に比べて台風が多いのも沖縄の特徴ですね。

移住したばかりで慣れていない人は、対策などが大変でしょう。

ケース3.よくゴキブリに遭遇する

海で囲まれている沖縄は、ゴキブリがよく出るようです。

ごきぶりも沖縄ならではの種類が多く、大きかったり、白かったりと虫嫌いには過酷かもしれません。

2.沖縄移住する前に知っておくべき注意点【仕事編】

では、具体的に沖縄移住する前に知っておくべき注意点を1つ1つ見ていきましょう。

まずは仕事についてです。

  1. 仕事がない
  2. 賃金が安い
  3. 移住者はよそ者扱いされることもある

「沖縄移住を後悔した…」という方の多くは、仕事に関して壁にぶつかった人です。

必ず確認しておきましょう。

注意点1.仕事がない

沖縄移住を考えた人は「沖縄は仕事がない」と耳にしたことがあるかもしれません。

沖縄は日本きってのリゾート地、ホテルも多く都市に行けば飲食店も多いので、働き口は全くないというわけではないです。

ではなぜ仕事がないイメージが一人歩きしているのか?ここでいう仕事がないというのは、自分に合った仕事がないという意味になります。

観光業をしたいという人はうってつけの場所ですが、自分のやりたい仕事がないという可能性もあるということを知っておきましょう。

注意点2.賃金が安い

なぜ自分に合った仕事がないと思うのか、それはズバリ賃金が安いからです。

沖縄の求人を見ると、月給15~18万円の正社員求人やバイト求人も時給は700~800円

東京からの移住であれば、「そんな安月給じゃ働けない!」と思うでしょう。

「暮らしていけるの?」と不安もよぎります。

仕事面において沖縄移住を後悔したくないのであれば、看護師等手に職をつけておいたり、アフェリエイトのように副収入があると安心です。

注意点3.移住者はよそ者扱いされることもある

また沖縄県民の中には、移住者をよそ者と考え冷たく接する人もいます。

沖縄県民は温かみがあり、のんびりした性格というイメージを100%信じて移住すると痛い目を見ることもあるのです。

もちろん県民全員がよそ者扱いをしてくるわけでありません。

ただ沖縄に生まれ沖縄で生きてきた人からすると、移住者は考えが甘く夢を描きすぎと冷めたい目で見ている場合があるのを忘れないでおきましょう。

3.沖縄移住する前に知っておくべき注意点【生活編】

続いて沖縄移住する前に知っておくべき注意点「生活編」です。

希望通りの仕事に就け、安定した暮らしが確保されても自然の猛威は想像以上!

特に以下の3点は心して移住しなければ、こんなはずじゃなかった…と後悔するでしょう。

  1. 虫に悩まされる
  2. 台風対策が大変
  3. 海が近く塩害被害も多い

注意点1.虫に悩まされる

沖縄は温暖で湿度が高く、見たこともないような虫に遭遇することもよくあります。

先ほど紹介した体験談にもあったように、ゴキブリを目にすることは日常茶飯事なのです。

しかも沖縄のゴキブリはサイズも大きく存在感たっぷり。出来る限りの虫対策をしても、完全に防ぐのは難しいかもしれません。

虫がとにかく苦手…という人にとっては、沖縄移住は厳しいものになりそうです。

注意点2.台風対策が大変

沖縄は台風直撃で大変なイメージもあるでしょう。

大きめの台風が来ると、風圧で玄関のドアが開かなくなることもあるほどです。

家の窓はテープを貼り、サッシにはタオルや新聞紙をつめるなど対策は抜かりなくしなければいけません。

停電・断水になることも珍しくなく、スーパーも閉まるためしっかり買い出しをして備えが必要です。

注意点3.海が近く塩害被害も多い

さらに海が近く塩害被害が多いことにも要注意です。

県外と比べると約10倍も建造物が錆びてしまいます。

自動車や自転車にも塩害対策をし、小まめな洗車でお手入れしておかないと予定より早く手放す結果になりかねません。

まずは、AI移住シミュレーションであなたに向いてる「移住先」を確認しよう!

AI移住シミュレーションとは?

AI診断を使って、全国1741個の地域から、自分自身に合った「移住地域」を教えてくれるサービス。

まずは、地方移住サービス「Konforta」AI移住シミュレーションを使って、自分に合う移住地域を確認することがおすすめです。

これによって、「移住してみたけど、自分が思い描いていた場所じゃなかった…」という、失敗をなくすことができます。

使い方は、6つの画像から、気になる画像を2つ選ぶだけ!

また、会員登録をすることで詳しい地域の情報も見ることが可能です!

登録は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてください。

\3分ほどで会員登録できます/

4.沖縄移住のメリットには意外なこともある!

注意すべき点がいくつかある沖縄移住ですが、もちろんメリットもあります。

  1. 温暖な気候で暮らしやすい
  2. 海がキレイで癒される
  3. 地産地消で食材が安く美味しい
  4. 花粉症に悩まされない
  5. 家賃が安い

住んでみて初めて分かるような意外なこともあるので、順に見ていきましょう。

メリット1.温暖な気候で暮らしやすい

沖縄に住むメリットは、やはり温暖な気候で暮らしやすいことです。

冬場の平均気温を見ても、最高気温が19℃・最低気温が14℃ほどになります。

沖縄の人はコートを持っていないというのも頷ける気温です。

夏は確かに暑いですが、全国的に温暖化している今となっては沖縄だけ特別暑いというわけでもありません。

メリット2.海がキレイで癒される

沖縄移住の最大のメリットと言えば海がキレイで癒されることです。

沖縄移住した人のインスタを見ても、キレイな海がずらりと並んでいて「やっぱり沖縄の海はステキだな~」と思います。

透き通った海でダイビングしたり、マリンスポーツを楽しむのも醍醐味でしょう。

メリット3.地産地消で食材が安く美味しい

また意外かと思われるのですが、沖縄で生産している食べ物はたくさんあります。

牛・豚・鶏肉はもちろん、複数の野菜やお米も育てられています。

都内では数千~数万円するような高級食材や珍しい魚なども摂れ、新鮮な食材が手に入ることもあるようです。

沖縄は特別物価が安いわけではありませんが、道の駅のような地域密着型スーパーに足を運べば、安くて美味しい食材が買えます。

メリット4.花粉症に悩まされない

花粉症に悩まされないのもメリットです。

なぜかと言うと、沖縄にはスギやヒノキがないからなのです。

花粉症がひどい人だと一年中薬を飲んだり、症状に悩まされたりとストレスがかかります。

その大変さから解放されると思うと沖縄移住もアリかもしれません。

メリット5.家賃が安い

思ったほど賃金が高くないとなると重要なのは家賃です。

出来るだけ安く抑えられたら生活費にも回せて助かります。

沖縄の賃貸物件を検索すると、5万円以下でたくさんの物件がヒットします。

条件の幅を広げれば3万円ほどのお部屋もあるのです。

空き家になっている物件も多く、タイミングが合えば一軒家も格安で購入できそうです。

5.沖縄移住に向いている人

沖縄に移住するのに向いている人はどんな人でしょうか?

注意点を見て分かるように、沖縄移住は簡単ではありません。

しかし次のような人であれば、沖縄移住をしても、十分楽しめる可能性があります。

  1. 仕事のこだわりがない人
  2. マリンスポーツをやりたい人
  3. 虫が平気な人

向いている人1.仕事のこだわりがない人

まず仕事のこだわりがない人は沖縄移住が向いていると言えます。

仕事がないと言われる沖縄ですが、強いこだわりがなければ仕事はあるのです。

今までと同じ職種じゃなきゃ嫌!と幅を狭めるのではなく、沖縄移住を機に違う職種にチャレンジしてみよう!くらいの気持ちを持ってみてはいかがでしょうか。

例えば、以下のような仕事があります。

  • ホテルマン
  • ツアーガイド
  • マリンスポーツのインストラクター

ただし生活をしていかなければいけないので、安すぎる賃金では困ってしまいます。

やはり副収入を確保しておくことがおすすめです。

向いている人2.マリンスポーツをやりたい人

マリンスポーツをする人はまさに沖縄移住に向いています。

沖縄でできるマリンスポーツがこちらです。

  • サーフィン
  • ボディーボード
  • ジェットスキー
  • スキューバダイビング
  • カヤック

沖縄移住を機にマリンスポーツを本格的に始めたいと考える人もいるでしょう。

サーフィンやボディーボードは、ウェットスーツとボードがあればすぐにでも始められます。

最初はレンタルでも良いですし、マンツーマンで指導してもらえるサーフィンスクールに通ってみると上達も速くなるのでおすすめです。

年中マリンスポーツを楽しめるようにと移住を考える人も多いので、仲間も増えて一層充実するでしょう。

向いている人3.虫が平気な人

また虫が平気な人も沖縄移住に向いています。

沖縄でよく目にする虫はこちらです。

  • アリ
  • 羽アリ
  • 毛虫
  • ゴキブリ
  • アフリカマイマイ。

関東に住んでいると暑くなってくる5月ごろから警戒を始めるゴキブリや蚊ですが、沖縄は一年中見かけます。

特に飲食店やスーパーが近くにある物件はゴキブリとの遭遇なんて当たり前!

家の外でも中でも見かけます。

いちいち悲鳴をあげていたら身体がいくつあっても足りません。

無言でスパーンと退治できるくらい強いハートを持っていないと、沖縄移住は難しいかもしれません。

6.沖縄に移住するならおすすめしたい3つの地域!

ここからは、沖縄に移住を考える人におすすめの地域を紹介します。

せっかく沖縄に移住するのだから、「自然豊かな町に住みたい!でも生活をするのに不便なところは困る…」とそれぞれ譲れない条件があると思います。

沖縄移住におすすめの3つの地域をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 中城村(なかぐすそん)
  2. 那覇市(なはし)
  3. 北谷町(ちゃたんちょう)

地域1.中城村(なかぐすそん)

那覇市とおきなわ市の真ん中に位置する中城村。

意外な穴場として沖縄移住におすすめの地域です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@happy_life_7_9)がシェアした投稿

ほどよく自然が残っており、スーパーや琉大附属病院があるため生活する上でも不便がありません。

車があるに越したことはありませんが、村が導入した護佐丸バスもあるので交通の便も確保されています。

なにより琉球大学や沖縄国際大学が近くにあるので、築浅ワンルームで3万円以下の物件がたくさんあるのがメリットです。

単身で沖縄移住を考えている人におすすめです。

地域2.那覇市(なはし)

次におすすめなのは、沖縄の県庁所在地がある那覇市。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yuchunyen(@yuchunyen)がシェアした投稿

市バスやモノレールも走っており、交通の便は申し分ありません。

デパートやスーパー・飲食店も多く、沖縄に限らず移住は初めてという人にとっては安心です。

那覇空港も近く、県外でも仕事をしていこうと考える人にはベストな移住地です。

便利なのは良いけれど、あまり都市感は感じたくないという場合は、首里地区や安里地区、小禄地区などがおすすめ。

都市部から少し外れたところに住宅地があるので静かに暮らせます。

地域3.北谷町(ちゃたんちょう)

沖縄の西部に位置する北谷町も素敵な町です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(株)成和ユニテック(@seiwa_unitech)がシェアした投稿

大きな観覧車がトレードマークの美浜アメリカンヴィレッジや米軍基地も近く、日本に居ながらアメリカンな雰囲気を感じられます。

リゾート地としても人気が高く、働き口も少なくありません。

きれいな夕日と透き通る海の組み合わせは沖縄に移住してきて良かった!と思わせてくれるでしょう。

7.沖縄に移住する手順

では実際に沖縄移住するとなった場合、スムーズに進められる手順と心得を押さえておきましょう。

  1. 仕事を探す
  2. 住居を探す
  3. 内見に行く
  4. 引っ越し

後悔しないためにも、正しい手順と下準備は大切です。

ステップ1.仕事を探す

移住する前に必ず仕事を探しておきましょう。

「行ってから仕事は探せば良いか」というスタンスで移住しても良いのはお金に余裕がある人だけ!

先ほどお話したように沖縄の賃金は低めです。

求人情報をチェックして、実際に生活していけるのか頭の中でシュミレーションしてみてください。

ステップ2.住居を探す

次に住む場所を探します。

住居を探すときには事前にアポをとっておくことがマストです。

住居探しに2泊や3泊するとしても、時間は有効に使いたいところです。

まずは評判の良い不動産屋をチェックして電話をかけます。

こちらの外せない条件を伝えておけば、下見までにピックアップしてくれるでしょう。

ステップ3.内見に行く

親身になってくれる不動産屋であれば、下見当日ではなく事前にいくつかの物件の間取りを送ってくれることもあります。

人気エリアで家賃も安ければ内見に行く前に埋まってしまうかも!と焦ってしまうかもしれませんが、内見は必ず行くことをおすすめします。

実際に内見をせずに住居を決めてしまった人の中には「トイレやお風呂のタイルや壁が古かった」「リフォームが甘かった」と失敗した人もいます。

内見をすることはとても大切なことなので、必ず自分の目で確かめてから住居を決定するようにしましょう。

ステップ4.引っ越し

ここまで準備が整ったら引っ越しです。

沖縄への引っ越しとなるとかなりの費用がかかります。</p>

ある方は4人家族で引っ越しをしたら70万もかかったんだとか…。

そう考えるとやはり移住してからのんびり仕事探しなんて言ってられません。

引っ越し費用を少しでも安く抑えられるように、売れるものは売り、売れそうにないものは捨てるなり譲るなりして身軽な状態で引っ越しに臨みましょう。

8.沖縄に移住する際おすすめの支援は?

沖縄に移住する際、ぜひ利用してもらいたいのは下記の支援です。

  1. お試し住宅
  2. 就職支援

移住してから後悔するより、使える支援を活用してみてくださいね。

支援1.お試し住宅

国頭村と東村では、お試し住宅という支援を行っています。

移住する前に一定の期間お試しで住んでみるという体験ができるのです。

子育て世帯をターゲットとしているので、対象に当てはまる人は一度体験してみることをおすすめします。

支援2.就職支援

「仕事がない」と言われてしまう沖縄ですが、移住者への就職支援は手厚く頼れるところも多くあります。

沖縄県公式移住応援サイトでは、就職支援機関や求人サイトを紹介しています。

公的な機関や施設が行っているので、いくつかのサイトを見比べて自分に合うものが見つけてみましょう。

沖縄移住にネックなのは仕事確保と自然との戦い

沖縄移住を考えている人は、以下のポイントを確認しておきましょう。

  • 沖縄に仕事がないわけではないが、賃金は安いと覚悟が必要
  • 虫や台風、塩害など沖縄ならではの大変さも
  • 使える支援を上手に活用して沖縄移住を快適に

良いところも悪いところも知っておくだけで、沖縄への移住もスムーズに行えます。

自分の理想の生活ができるように、譲れない点を確立しておくと決断しやすくなるでしょう。