アパートの騒音トラブルはどう対処する?よくある「11の事例」と対策

「アパートの上の階からドンドンと音が聞こえる」
「隣の住人が壁を叩くのでうるさくて眠れない」

など、アパートの騒音トラブルに悩まされている方は、少なくありません

アパートの騒音トラブルの被害に遭った場合、感情的に対応をすると、事態が悪化して危険な目に遭う可能性があります。

冷静かつ適切な対処法を知っておけば、騒音被害を回避することができるでしょう。

本記事では、以下3点について紹介しています。

  • アパート騒音トラブル事例
  • アパート騒音トラブルを回避するために物件選びで大事なこと
  • アパート騒音トラブルの被害に遭った場合の対処法や注意点

この記事を読むことで、騒音リスクを軽減できますので、参考にしてください。

目次

1.よくあるアパート騒音トラブル事例

まずは、どのようなアパート騒音トラブルがあるのか、代表的事例について見ていきましょう。

多くの事例を見ていくことで「自分が我慢していたことは、代表的な騒音トラブルだった」「他にもこういった騒音トラブルがあるのか」と、知ることができます。

さまざまな事例を知った上で、対策を考えていきましょう。

以下は、よくあるアパート騒音トラブル事例11つです。

  1. 飛んだり足で床を叩く音がうるさい
  2. 大音量の音楽がうるさい
  3. 電話の話し声がうるさい
  4. 喧嘩している声がうるさい
  5. 壁をドンドンと叩かれる
  6. 車やバイクのエンジン音がうるさい
  7. 住民が夜中に外で騒いでいる
  8. 子どもが走り回る音や泣き声がうるさい
  9. ペットの鳴き声がうるさい
  10. ドアの開閉音がうるさい
  11. 夜中に聞こえる洗濯機や掃除機の音がうるさい

1つずつ、確認していきましょう。

事例1.飛んだり足で床を叩く音がうるさい

よくあるアパート騒音トラブル事例の1つが、上の階から飛んだり足で床を叩く音が聞こえるケースです。

ドスンドスンと、重くうるさい音が聞こえるため、下の階の住人は強いストレスと恐怖を感じることになります。

激しい運動や喧嘩をしている場合もあれば、下の階への嫌がらせでやっているケースもあるなど、いずれにしても非常に迷惑な行為です。

昼間ならまだしも、夜中に音が聞こえることもあり、翌日の仕事や学校にも支障が出てしまいます。

築浅のマンションでも音が響くアパートが多いですが、築年数が20年を超えるマンションやアパートの場合は、我慢できないような騒音になる事例が多いです。

事例2.大きな音量で音楽がうるさい

大きな音量で音楽が聞こえることも、よくあるアパート騒音トラブルです。

日中は窓を開けて大音量で、夜中でも音量を下げることなく音楽を流していて、非常にうるさい迷惑な行為になります。

周りのことを何も考えない、身勝手な人が、このような騒音トラブルを起こすことが多いです。

特に、隣や上下に住む人は、日々の大音量の音楽で、強いストレスを感じることになります。

場合によっては、ストレスから体調を崩してしまうこともあるでしょう。

ただし、このようなトラブルメーカーに、直接注意をすると、逆ギレしてくる可能性があるため気をつけてください。

事例3.電話の話し声がうるさい

電話の話し声が聞こえるアパート騒音トラブルも、少なくありません。

笑い声や怒鳴り声など、電話をしている声が聞こえると、大変なストレスになります。

築古のアパートや壁が薄い物件の場合は、特に注意が必要です。

電話で話している人も同じ物件に住んでいるため、隣に声が漏れることは知っているでしょう。

その上で、大きな声で電話をするわけですから、たちが悪いです。

なかには、夜中〜朝方にかけて長電話をする人もいるため、隣人としては大変な迷惑行為になります。

電話とは異なりますが、最近では動画配信の声漏れもあり、そちらも迷惑です。

事例4.喧嘩している声がうるさい

喧嘩している声が聞こえることは、アパートやマンションに住んでいると、意外によくある騒音トラブルではないでしょうか。

恋人同士の喧嘩や夫婦喧嘩など、どこの家庭やカップルでもよくあるものです。

そして、地声が大きい人や喧嘩がエスカレートした場合は、大きな怒鳴り声が聞こえてきます。

たまに聞こえる程度であれば、大きなストレスは感じません

しかし、毎日のように喧嘩の声が聞こえてくる場合は、大変強いストレスを感じてしまいます。

また、何らかの事件に発展しないか、不安にもなるでしょう。

毎日のように大声で喧嘩をしている恋人同士や夫婦には、近づきたくはないものです。

事例5.壁をドンドンと叩かれる

アパートの騒音トラブル事例で多いのが、壁をドンドンと叩かれることです。

こちら側がうるさくて、壁をドンと叩かれるのであれば、まだわかります。

しかし、こちら側に何の落ち度もないのに、壁をドンドンと叩く人がいるため大変厄介です。

何かストレスを解消するために叩いているのか、悪意のある嫌がらせで叩いているのかはわかりません。

非常に迷惑な行為であり、被害者は、ストレスと恐怖で落ち着いて生活をすることができなくなります。

このような騒音トラブルに遭った場合、壁ドンをやり返したり、直接注意をすると、逆上する可能性があるので注意してください。

事例6.車やバイクのエンジン音がうるさい

アパートの騒音トラブルの中には、車やバイクの音が聞こえるものもあります。

日中や夜中など時間に関係なく、車やバイクを吹かす音が聞こえるケースです。

若い人たちがやっていることが多く、周りに迷惑がかかることに対して、罪悪感を感じていません。

物件の駐車場や敷地内で騒音を発するため、寝ていても、うるさくて目が覚めてしまいます。

このような騒音被害に遭った場合も、直接注意するのは危険です。

特に、複数人数でいる場合は団体心理が働くため、何をされるかわかりません。

警察へ連絡をするのが、1番効果的でしょう。

事例7.住民が夜中に外で騒いでいる

住民が、夜中に外で騒いでいる、アパートの騒音トラブルもあります。

何人か集まって、物件の駐車場や敷地内でお酒を飲んだり、遊んだりしているものです。

夏になると、夜通し花火をしているケースもあります。

このような集まりが常態化すると、被害はうるさいだけではありません。

夜外出しようとすると、絡まれる可能性もあります。

周囲のことを考えない身勝手な人ですので、相手にしてはいけません

事例8.子どもが走り回る音や泣き声がうるさい

ファミリー層が多い物件やエリアだと、子どもが走り回る音や泣き声に悩まされるものです。

日中は、上の階から走り回る音が聞こえ、夜になると夜泣きの声が聞こえてきます

子どもが走り回る音や泣き声は仕方がないため、基本的には我慢するしかありません。

しかし、夜泣きをしても対応しない保護者もいるため、厄介です。

ほとんど育児をしていないケースもあります。

このような場合は、管理会社に伝えて、間接的に注意をしてもらった方がいいでしょう。

ファミリー層が多い物件やエリアに住む場合は、覚悟が必要になる騒音です。

事例9.ペットの鳴き声がうるさい

アパートの騒音トラブルには、ペットの鳴き声に関するものもあります。

ペットの鳴き声が大きい場合やアパートの壁が薄い場合は、注意が必要です。

ペットに苦手意識がある方なら、なおさら強いストレスを感じることでしょう。

日中ならともかく、夜間に鳴き声が聞こえることもあるため、次の日の仕事に支障が出る可能性があります。

ペットの鳴き声についても、アパートの騒音トラブルの代表的な事例です。

事例10.ドアの開閉音がうるさい

ドアの開閉音がうるさいのも、よくあるアパート騒音トラブルの1つです。

玄関やリビング、浴室、トイレなど、すべてのドアを勢いよく開閉するため、上下階や隣の部屋にまで音が響きます。

築古のアパートであれば、大きな音と共に振動も感じることでしょう。

ドアの開閉音がうるさい人は、時間に関係がないため、朝から晩まで、ドンという音に悩まされることになります。

事例11.夜中に聞こえる洗濯機や掃除機の音がうるさい

アパートの騒音トラブルの中には、夜中の洗濯機や掃除機の音もあります。

築浅のマンションであれば、そう気になるものではありませんが、アパートであれば音が響くものです。

割と時間も長いため、音がうるさくて目を覚ますこともあります。

帰宅時間が遅い人が、夜中に洗濯機や掃除機を使用していることが多いです。

ライフスタイルの違いとは言えども、隣人や下の階に住む人にとっては、迷惑な騒音になります。

2.【全11種】アパート騒音トラブルを回避するための注意点

物件選びで大事なことを知ることで、騒音に悩まされない快適な生活を送れるでしょう。

ちょっとしたことに気をつけて物件選びをするだけで、騒音リスクを大幅に軽減することができます。

以下は、アパート騒音トラブルを回避するために物件選びで大事な11のことです。

  1. 建物の構造を確認する
  2. 最上階や角部屋を選ぶ
  3. 窓の構造を確認する
  4. 築年数が浅い物件を選ぶ
  5. 朝・昼・夜と時間帯を変えて内覧する
  6. 騒音トラブルが起きていないか不動産会社に聞く
  7. 内覧の際、壁際で耳を澄ませる
  8. 足音をチェックする
  9. 入居者層を確認する
  10. 評判を確認する
  11. 隣の部屋の間取りも確認する

1つずつ、内容を確認していきましょう。

注意点1.建物の構造を確認する

アパート騒音トラブルを回避するためにも、物件選びをする際は建物の構造を確認しましょう。

構造によって、防音性の高さが変わるためです。

主な構造は、次の3つになります。

  • 木造
  • 鉄骨造
  • 鉄筋コンクリート造

この中では、木造の防音性が最も低く、鉄筋コンクリート造の防音性が最も高いです。

他にも、床や壁の構造やサッシの仕様によって、防音性は変わってきます

鉄骨造や鉄筋コンクリート造、二重床や二重サッシなど、防音性にも配慮した構造のアパートを選ぶことで、騒音トラブルを回避することが可能です。

注意点2.最上階や角部屋を選ぶ

物件を選ぶ際に、最上階や角部屋を選べば、騒音トラブルの回避にもつながります。

最上階であれば上の階から、角部屋であれば隣の部屋から、騒音被害に遭う可能性がなくなるためです。

上下左右に接する部屋が少なくなることで、騒音トラブルを回避しやすくなります。

最上階や角部屋は多少家賃が高くなりますが、騒音リスクを軽減できることはメリットです。

予算に余裕がある場合は、最上階や角部屋の部屋を選ぶといいでしょう。

注意点3.窓の構造を確認する

先にも紹介した通り、窓の構造によっても騒音トラブルを回避しやすくなります。

窓の仕様によっては、外からの騒音をカットできるためです。

アパートを選ぶ場合は、二重サッシの物件を選ぶといいでしょう。

二重サッシであれば、室内からの音漏れや外からの騒音を、ある程度カットしてくれます。

築年数が古い物件だと、二重サッシでない可能性が高いです。

アパートの騒音トラブルを回避するために、窓にも注目をしましょう。

注意点4.築年数が浅い物件を選ぶ

騒音トラブルを回避するためにも、築年数が浅い物件を選びましょう。

技術の進捗により、築年数が浅い物件ほど、騒音トラブルを回避しやすいつくりになっています。

建物を販売する不動産会社としても、騒音トラブルが多い物件は売れないので、防音性の高い構造・仕様・間取りにするのです。

そのため、1つの目安として、築浅物件を選ぶことで、騒音リスクを軽減することができます。

予算は高くなりますが、快適な生活を送りやすくなるでしょう。

アパートの騒音トラブルを避けたい場合は、築浅物件を選ぶのがおすすめです。

注意点5.朝・昼・夜と時間帯を変えて内覧する

アパートの騒音トラブルを回避するためにも、物件選びをする際は、朝・昼・夜と時間帯を変えて内覧をしましょう。

朝は静かでも、夜になると騒音が聞こえる場合もあるためです。

時間帯を変えて確認しないと、騒音被害に遭っているか知ることはできません。

1回の内覧で決めるのではなく、2回〜3回の内覧を行い、慎重に物件選びをしましょう。

注意点6.騒音トラブルが起きていないか不動産会社に聞く

アパートの物件選びをする際は、騒音トラブルが起きていないか不動産会社に聞くようにしましょう。

不動産会社が騒音トラブルについて把握していたり、大家や近隣住民に確認してくれます。

不動産会社としても説明責任を負うことになるため、安易な返答はしません

物件選びをする際は、騒音トラブルについて必ず不動産会社に確認するようにしてください。

注意点7.内覧の際、壁際で耳を澄ませる

アパートの騒音トラブルを回避するためにも、内覧の際、壁際で耳を澄ませてみましょう。

隣の部屋の声や生活音が聞こえやすい作りの物件だと、騒音に悩まされる可能性が高いです。

時間帯を変えて確認しても問題がない場合は、隣からの騒音リスクは低いと考えられます。

耳を澄ませて確認するだけで手間もかからないため、必ず行いましょう。

注意点8.足音をチェックする

物件選びをする際は、足音が聞こえないかチェックをしましょう。

上の階や隣の部屋から足音が聞こえやすい場合は、騒音リスクが高いと考えられます。

歩いている音が聞こえるということは、他の生活音はもっと気になるはずです。

騒音トラブルを避けるためにも、内覧の際は、窓を閉めて足音を確認してください。

注意点9.入居者層を確認する

アパートの騒音トラブルを回避するためにも、入居者層を確認しましょう。

たとえば、上の階が小さな子どもがいるファミリー層であれば、子どもが走り回る音や泣き声は覚悟しないといけません。

隣の部屋がミュージシャンを目指す人であれば、楽器音が聞こえる可能性もあります。

入居者層を確認することで、騒音への覚悟や対処、物件選びがしやすくなるでしょう。

注意点10.評判を確認する

物件選びをする際は、アパートの評判を確認しましょう。

騒音トラブルに関する書き込みが多い物件は、避けた方が無難と言えます。

実際に住んでいる人や、過去住んでいた人の意見や感想がわかるため、有益な情報を得ることが可能です。

騒音トラブルを避けるためにも、事前に評判を確認しましょう。

注意点11.隣の部屋の間取りも確認する

アパートの騒音トラブルを回避するためにも、隣の部屋の間取りも確認しましょう。

間取りを確認すれば、どんな騒音リスクがあるか予測でき、対処がしやすくなるためです。

自室だけでなく、他の部屋も確認することで騒音リスクを軽減できます。

3.アパートで騒音トラブルの被害に遭った場合の4つの対処法

アパート騒音トラブルの被害に遭った場合に、適切な対処を行うことで、反感を買わずに騒音トラブルを止めさせることが可能です。

また、騒音トラブルのない環境へ移ることもできます。

以下は、アパートで騒音トラブルの被害に遭った場合の4つの対処法です。

  1. 証拠を押さえる
  2. 大家や管理会社、警察などの第三者に連絡をする
  3. 法的な手段で訴える
  4. 引っ越しをする

それぞれの対処法について、見ていきましょう。

対処法1.証拠を押さえる

アパートで騒音トラブルの被害に遭った場合は、証拠を押さえるようにしましょう。

客観的な証拠がないと、第三者も簡単には動けませんし、訴えることもできません

騒音被害に遭った場合に、録音や録画をして証拠を残すようにしてください。

スマホを使えば、すぐに記録できます。

対処法2.大家や管理会社、警察などの第三者に連絡をする

証拠を押さえたら、大家や管理会社、場合によっては警察などの第三者へ連絡をしましょう。

直接指摘をしてしまうと、逆上される可能性があるため、第三者の手を借りた方が安心です。

室内の騒音に関しては大家や管理会社へ連絡し、室外のひどい騒音の場合は、警察への連絡も検討しましょう。

対処法3.法的な手段で訴える

管理会社など第三者から注意をしても、一向に改善されない場合は、法的な手段で訴える方法もあります。

注意したことで騒音が悪化したり、精神的苦痛で体調を崩しそうな場合は、弁護士に相談をしましょう。

その際、証拠が必要となりますので、騒音が発生するたびに記録を残しておいてください。

対処法4.引っ越しをする

騒音トラブルの被害に遭った場合は、引っ越しも検討をしましょう。

注意をしても改善されないケースは少なくないためです。

引っ越しをすれば、騒音で悩まされることもなくなります。

引越し費用はかかりますが、騒音トラブルを避けるための対処法として有効な方法です。

騒音のストレスで体調を崩さないために

外出自粛中の今は、家にいる時間がストレスになってしまうと精神的に身体を壊してしまいます。

騒音問題がきっかけで体調を崩した人も多いのが実情です。

やっかいなことに、騒音問題は警察や大家さんに通報しても解決せず、多くの人が最終的には引っ越しをしています。

こちらが悪くないのに引っ越しをするのはもどかしいですが、家にいる時間が長い今、あなたの身体が一番大切です。

イエプラを使うと外出自粛中でも、オンラインで内見ができます。

5月までは繁忙期じゃないので敷金・礼金が無料で引っ越せるところが多いです。

一度イエプラを使って騒音問題がない家を探して、ストレスのない生活を過ごしてください。

\深夜0時まで対応/

4.アパートで騒音トラブルに遭った場合の4つの注意点

ここで紹介する、騒音トラブルに遭った場合の注意点を知ることで、事態の悪化を防ぎ、自分に危害が及ぶような状況を作らずに済みます

自分や家族を守るためにも、必ず把握をしておきましょう。

以下は、アパートで騒音トラブルに遭った場合の4つの注意点です。

  1. 壁を叩いたり仕返しをしない
  2. 騒音者に直接苦情を言いに行かない
  3. 同じように騒音を出さない
  4. 苦情の張り紙をしない

1つずつ、見ていきましょう。

注意点1.壁を叩いたり仕返しをしない

アパートで騒音トラブルに遭った場合、壁を叩いたり仕返しをしないようにしてください。

事態が収まるのであればいいですが、逆上して激しくなる可能性があります。

場合によっては、こちらの部屋に怒鳴り込んできたり、危害を加えてくるかもしれません。

事態が悪化するため、仕返しをせずに我慢しましょう。

注意点2.騒音者に直接苦情を言いに行かない

騒音被害に遭った場合に、直接苦情を言いに行くのもいけません。

上記と同じで、逆ギレされて事態が悪化する可能性があるためです。

騒音以外の嫌がらせを受けることにつながります。

安全のためにも、絶対に直接苦情を言わないようにしましょう。

第三者に任せるようにしてください。

注意点3.同じように騒音を出さない

「ドアの開閉音がうるさいから、自分もうるさく閉めるようにした」など、騒音を出す相手と同じような音を出すのもいけません。

相手の騒音が収まる保証はありませんし、自分が騒音の加害者として注意される恐れがあります。

やり返したい気持ちはわかりますが、良い結果が生まれることはないでしょう。

注意点4.苦情の張り紙をしない

アパートで騒音トラブルの被害に遭ったからといって、勝手に苦情の張り紙をしてはいけません。

これまでのケース同様、相手が逆上する恐れがあるためです。

張り紙を作って貼ったら、嫌がらせを受けるかもしれません。

自分で何かをしようとせず、大家や管理会社に対応を委ねましょう

5.自分がアパート騒音を発する側にならないよう注意する

騒音トラブルに遭ったことを考えるだけではなく、自分が騒音を発する側にならないよう注意することも大事です。

普段あたりまえにしていることが、上下階や隣の部屋に大きな迷惑をかけているかもしれません。

騒音を発する側にならないように、日々の生活音には十分気をつけましょう。

この機会に、自分の生活を見直してみてください

6.あなたに向いてる「居住地域」はどこ?

少しだけ話がそれますが、自分に向いている「居住地域」がどこなのか気になりませんか?

地方移住サービス「Konforta」AIシミュレーションを利用すると、全国1741個の地域から、あなたが合った「居住地域」がわかります。

6つの画像から、気になる画像を2つ選ぶだけで、「○○県○○町」という形であなたにオススメの居住地域を教えてくれます。

簡単にできるので、試してみると面白いはずです。

また、会員登録をすることで詳しい地域の情報も見ることが可能に!

登録は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてください。

\3分ほどで会員登録できます/

まとめ

ここでは、アパート騒音トラブルの対処法や注意点、物件選びで大事なことについて紹介しました。

あらためて、ここで紹介した大事なポイントをまとめると以下の4点です。

  • アパートの騒音トラブルは慎重に物件選びをすることで回避できる
  • 騒音被害に遭った場合は証拠を録って第三者に相談をする
  • 壁を叩くなど仕返しをしてはいけない
  • 自分が騒音を発する側にならないように注意する

アパート騒音に悩まされていたり、これから引越しを考えている方は、ここで紹介した内容を参考にしてください。