家賃滞納になったらどうなるの?家賃滞納の時効やリスクをまとめて紹介!

how-mach-is-utility-cost

「家賃滞納になったらどうなる?すぐに強制退去?」
「家賃滞納の時効は短いって聞いたけど、本当?」

など、家賃滞納について、多くの疑問をお持ちではないでしょうか。

お金や住まい、信用が関わることなので、正しく理解をしていないと、今後何年もの間、苦労することになるでしょう。

そのような苦労を回避するために、本記事では、大きく以下3点について紹介しています。

  1. 家賃滞納をして強制退去までの流れ
  2. 家賃滞納の時効やリスク
  3. 家賃滞納しそうな場合にやるべきこと

この記事を読むことで、家賃滞納への理解が深まり、より一層事態を回避すべく動けるようになるでしょう。

目次

1. 家賃滞納をしてしまったら

家賃滞納をしてしまったら

ここで紹介する内容を知れば、家賃滞納時の適切な行動がわかります。

これらを知らないと、大家との信頼関係が完全に崩れるだけでなく突然、強制退去を求められるでしょう

適切な対応を知ることで、強制退去になる前に、対処できるようになります。

1−1. 大家へ連絡をする

家賃滞納をした場合、まず始めにやることは大家への連絡です。

大家への連絡をしない場合は、無断で家賃滞納をしていることになり、悪質性が高いものと判断されてしまいます。

連絡をしたから大丈夫ということではありませんが、大家からの心象は大きく変わってくるでしょう。

できれば、家賃滞納した後だけ連絡をするのではなく、家賃滞納の前後2回連絡をするようにしてください。

家賃滞納者は大家に迷惑をかけている立場なので、積極的にコミュニケーションや報連相をすることが大切です。

1−2. 支払う意思と明確な支払計画を伝える

家賃滞納の件で大家に連絡をする場合、支払う意思と明確な支払計画も伝えるようにしましょう

支払う意思があることや明確な支払計画を伝えることで、大家も目処が立ち安心します。

ただ「家賃滞納しました」という連絡だと、大家はいつ支払ってもらえるかわかりません。

大家には、支払い期日を過ぎて待ってもらっています。

そのため、「申し訳ありません。29日に10万円入ってきますので、その日のうちに支払いをします」など、支払う意思と支払計画を説明することは常識です。

そもそも、支払う意思や計画がない場合は、住み続けることは難しいでしょう。

1−3. 家賃滞納が3ヶ月を超えると注意

家賃滞納が3ヶ月を超える場合は注意してください。

家賃滞納1ヶ月〜2ヶ月では、催促や督促状が届くなど一般的なアクションとなりますが、3ヶ月を超えると強制退去になる可能性が高いためです。

大家側は、以下2つの条件を満たした場合に、信頼関係が破綻したと解釈され契約解除ができる権利が発生をします。

  • 家賃滞納が3ヶ月を超える
  • 支払いを求めているにも関わらず支払いがない

このような状況になると、訴訟をおこされて強制執行となってしまいます。

2. 家賃滞納をしてから強制退去になるまでの流れ

家賃滞納をしてから強制退去になるまでの流れ

強制退去までのスケジュールを知ることで、どのタイミングがデッドラインなのか把握ができ、リスク管理ができます。

また、どのタイミングでどんなアクションが必要になるのか理解でき、最悪の事態を回避できるでしょう。

以下は、家賃滞納をしてから強制退去になるまでの6つの流れです。

  1. 【家賃滞納1ヶ月以内①】家賃支払い催促の電話連絡
  2. 【家賃滞納1ヶ月以内②】入居者へ督促状が届く
  3. 【家賃滞納1ヶ月〜2ヶ月】連帯保証人へ電話連絡や督促状が届く
  4. 【家賃滞納3ヶ月〜6ヶ月①】契約解除通知が届く
  5. 【家賃滞納3ヶ月〜6ヶ月②】裁判所への申し立てが行われる
  6. 【家賃滞納6ヶ月以降】自主的に退去するか強制退去

1つずつ、確認をしていきましょう。

2−1. 【家賃滞納1ヶ月以内①】家賃支払い催促の電話連絡

家賃滞納をすると、まず家賃支払い催促の電話連絡があります。

期日までに入金していない場合は、翌日には大家や管理会社から電話連絡があるでしょう。

電話連絡があった場合は、支払う意思があること、明確な支払計画を説明してください。

ただし、本来であれば、大家や管理会社から電話連絡がある前に、自分から連絡をすべきです。

意思や計画を説明したとしても、支払い催促の電話連絡は2回〜3回あると考えおきましょう。

もし、支払いができる状況であれば、すぐにでも支払いを済ませてください。

2−2. 【家賃滞納1ヶ月以内②】入居者へ督促状が届く

家賃滞納をして1ヶ月以内に、督促状も届きます。

家賃の支払いを求める督促であり、1ヶ月の間に2度ほど届くことが多いです。

督促状が届くタイミングに決まりはありませんが、1回目の督促状は家賃滞納後1週間前後と考えておきましょう。

繰り返しになりますが、この時点でお金が用意できる場合は、すぐに支払いを済ませることをおすすめします。

家賃滞納1ヶ月以内に、支払い催促の電話や督促状が届くことを覚えておきましょう。

2−3. 【家賃滞納1ヶ月〜2ヶ月】連帯保証人へ電話連絡や督促状が届く

催促の連絡や督促状が届くのは、入居者本人だけではありません。

家賃滞納1ヶ月〜2ヶ月になると、連帯保証人へ支払い催促の連絡や督促状が届きます

連帯保証人は家賃を支払うように督促されるため、事前に連絡をしていないと、大変驚かれることでしょう。

連帯保証人との信頼関係が崩れる原因にもなりますので、気をつけてください。

2−4. 【家賃滞納3ヶ月〜6ヶ月①】契約解除通知が届く

家賃滞納をして3ヶ月が経過すると、内容証明郵便で契約解除通知が届きます

これは、何回も督促があったにも関わらず、3ヶ月超家賃が支払われなかった場合に届くものです。

この契約解除の予告通知書が届くということは、大家が法的な手続きに入ることを意味します

強制退去へと近づくため、家賃滞納をしたとしてもこの状況は極力回避したいものです。

契約解除通知が届く時期は、大家や状況によって異なります。

内容証明郵便とは…いつ・誰が・どこに・どのような書面を送り、届いたのかを第三者的に証明する郵便のこと。

2−5. 【家賃滞納3ヶ月〜6ヶ月②】裁判所への申し立てが行われる

内容証明郵便で契約解除通知が届くと、裁判所への申し立てが行われます

ただし、内容証明が届いた後に家賃支払いをすれば、申し立てを回避することが可能です。

大家が契約解除をできるのは、3ヶ月以上の家賃滞納があり、一定期間支払いがない場合になります。

裁判所へ申し立てをされると、執行官による強制執行となってしまうでしょう。

なんとしても、裁判所へ申し立てが行われる前に、状況を打破するための努力をしてください。

2−6. 【家賃滞納6ヶ月以降】自主的に退去するか強制退去

裁判所へ申し立てが行われた後は、自主的に退去するか強制退去になります。

多少の猶予は認められますが、現在の住まいを出て、新たな家を探さなくてはいけません。

また、退去したからといって、家賃の支払いが免れるわけではないことを理解しておいてください。

家賃の支払いに加えて、新たな住まいの費用も必要になります。

3. 家賃滞納の時効

家賃滞納の時効

ここで紹介する、家賃滞納の時効を知ることで、時効成立の難しさがわかるでしょう。

時効期間は短くありませんし、成立条件もあり、貸主による時効阻止もあります。

そのため、家賃滞納をしたからと時効を目指すのではなく、滞納分の支払いを全力で目指すことがおすすめです。

ここでは、家賃滞納の時効について、詳しく見ていきましょう。

3−1. 時効は5年

一般的に、債権の時効は10年とされていますが、家賃のように毎月払いで短期間のものは、民法169条で時効5年と定められています。

ただし、家賃滞納をして5年が経ったからといって、すべての債権がなくなるわけではありません。

5年経った家賃の請求はできませんが、5年を超えていない家賃については請求できるためです。

時効の起算点は支払期日の翌日になります。

すべての債権が時効になるわけではありませんが、家賃滞納の時効は5年ということを把握しておきましょう。

3−2. 時効成立の条件は厳しい

ただ家賃滞納から5年を迎えれば時効が成立するわけではありません。

家賃滞納の時効が成立するには、大きく次の2つの条件があります。

  1. 時効成立までに家賃が支払われていない
  2. 大家が催促や裁判手続きを何もしていない

これらの条件が満たされている場合に、はじめて時効が成立するのです。

もし、1度でも支払いがあれば時効はリセットします。

このような条件があるため、時効成立の条件は簡単ではありません。

3−3. 貸主は時効の阻止ができる

大家などの貸主は、時効を阻止することもできます。

貸主ができる時効阻止方法は、次の3つです。

  1. 訴訟、支払督促など裁判上の請求をする
  2. 内容証明郵便を送って6ヶ月以内に裁判上の手続きをする
  3. 債務者が債務の承認をする

1つ目は、訴訟や支払督促などの裁判上の請求をすれば、その時点で時効が中断することになります。

2つ目は、内容証明郵便を送付してから6ヶ月間は猶予期間となるため、その間に裁判上の手続きをすることです。

3つ目は、債務者が滞納家賃を少しでも支払ったり、支払いを待つように頼んだりして、債務の承認をすることになります。

債務の承認となれば、時効カウントをリセットできるためです。

このような方法で、大家は時効を阻止することができます。

4. 家賃滞納をする7つのリスク

家賃滞納をする7つのリスク

ここで紹介する家賃滞納のリスクを知ることで、家賃滞納がいかにやってはいけないことなのか再認識できるはずです。

自分だけでなく、信頼してくれた人の気持ちも裏切ることになります。

以下は、家賃滞納をする7つのリスクです。

  1. 近隣住民に家賃滞納していることがバレてしまう
  2. 延滞損害金の金利は高く家計が圧迫される
  3. ブラックリストに載りローンやカードの審査が通らなくなる
  4. 大家・不動産会社・家賃保証会社との信頼関係が崩れる
  5. 強制退去になれば住む場所がなくなる可能性
  6. 訴訟を起こされて裁判沙汰になる可能性
  7. 連帯保証人に迷惑をかけることになる

1つずつ、リスクについて確認していきましょう。

リスク1. 近隣住民に家賃滞納していることがバレてしまう

家賃滞納をするリスクの1つが、近隣住民に家賃滞納をしていることがバレてしまうことです。

家賃滞納をすると、電話連絡や郵送だけでなく、大家は管理会社の担当者が自宅を訪問します。

何度も訪問していることが近隣住民にはわかるため、家賃を滞納していることがバレてしまうでしょう。

また、噂がどんどん広がり、友人や知人の耳にも情報が入るかもしれません。

家賃滞納をすると、周辺にバレてあなたの信用を落とすことになるので、早めに状況を脱することが大切です。

リスク2. 延滞損害金の金利は高く家計が圧迫される

延滞損害金の金利が高いことも、家賃滞納をするリスクです。

家賃を滞納した場合は、元の家賃に延滞損害金を上乗せして支払わなくてはいけません。

延滞損害金の利率は、法律にて14.6%以内と定められています。

14.6%というのは、クレジットカードのカードローンと同じくらいの水準です。

そのため、家賃滞納期間が長くなるほど、多くの延滞料を支払うことになります。

延滞損害金によって家計が圧迫される可能性があるため、極力早く支払いをしましょう。

リスク3. ブラックリストに載りローンやカードの審査が通らなくなる

家賃滞納をするとブラックリストに登録される可能性があることも、リスクの1つです。

連帯保証人が保証会社の場合や3ヶ月以上家賃滞納している場合は、ブラックリストに載る可能性があります。

ブラックリストに載ると、ローンやカードの審査が5年以上は通りません。

ブラックリストに登録されると、生活に大きな支障が出るため、何としてでも回避しましょう。

リスク4. 大家・不動産会社・家賃保証会社との信頼関係が崩れる

家賃滞納をするリスクなのが、大家や業者との信頼関係が崩れることです。

家賃は借家に住むことの対価として期日内に支払うものであり、支払わない場合は貸主との信頼関係は成立しません。

滞納した家賃を支払ったとしても、「家賃滞納の要注意人物」として見られ続けることになるでしょう。

もし、大家がアットホームな方で、日頃からコミュニケーションがある場合は、大きな信頼を裏切ったことになります。

賃貸借は信頼関係の上で成り立っていることを、忘れてはいけません。

リスク5. 強制退去になれば住む場所がなくなる可能性

3ヶ月以上家賃滞納をして、強制退去となった場合は住む場所がなくなる可能性があります。

多少の猶予は認められるものの、その間に次の家を探せる保証はありません。

また、新居の敷金や礼金、引っ越し費用など、資金的にも厳しいものがあるでしょう。

強制退去になると、住む場所がなくなり、仕事などにも影響が出る可能性が高いです。

リスク6. 訴訟を起こされて裁判沙汰になる可能性

訴訟を起こされ裁判沙汰になることも、家賃滞納のリスクです。

滞納家賃を支払うことなく3ヶ月以上経過すれば、契約解除通知が届き、大家は裁判所に申し立てをします。

裁判で強制執行となれば、そこに住み続けることはできません。

裁判で時間もとられる上に、周囲に家賃滞納のことがバレる可能性もあります。

裁判沙汰になることは、家賃滞納の大きなリスクです。

リスク7. 連帯保証人に迷惑をかけることになる

連帯保証人に迷惑をかけるのも家賃滞納のリスクと言えます。

家賃滞納をすることで、家族や親族など連帯保証人に督促がいくようになるためです。

連帯保証人も、まさか家賃滞納になるとは考えてもいないでしょう。

家賃を滞納することで、信頼して連帯保証人になってくれた人に、多大な迷惑がかかることを覚えておいてください。

5. 家賃滞納しそうな場合にやるべき5つのこと

家賃滞納しそうな場合にやるべき5つのこと

家賃を滞納しそうになった場合に、何もせず放棄してはいけません。

できる限りの行動をすることが、周囲への最低限の礼儀ですし、家賃滞納の回避にもつながります。

以下は、家賃滞納しそうな場合にやるべき5つのことです。

  1. 大家へ連絡をして支払う意思を伝える
  2. 親族から資金援助や借り入れをする
  3. 連帯保証人へ事前に連絡する
  4. 弁護士へ家賃滞納について相談をする
  5. 住宅給付制度を活用する

それぞれの内容について、見ていきましょう。

5−1. 大家へ連絡をして支払う意思を伝える

家賃滞納しそうな場合にやるべきことの1つが、大家へ連絡をすることです。

家賃滞納をしてしまう場合は事前に報告をしましょう

事前に連絡をして支払う意思や支払計画を伝えれば、心象はそれほど悪くありません。

また、事前に連絡をするのは最低限のマナーです。

家賃滞納をしそうになった場合は、できるだけ早く大家へ連絡をしましょう。

5−2. 親族から資金援助や借り入れをする

親族から資金援助を募ったり借り入れをすることも家賃滞納しそうな場合にやるべきことです。

家賃滞納をすると周囲にバレる可能性がありますし、ブラックリストに載る恐れもあります。

自身で支払いの目処が立たないのであれば、人からお金を借りるなどの行動が必要です。

「親に頭を下げたくない」「兄には頼みづらい」など、あるかもしれませんが、家賃滞納をして、さまざまなリスクを負うよりは負担は少なくなるでしょう。

家賃滞納しそうになった場合は、プライドを捨てて、資金援助や借り入れのお願いをしてください。

5−3. 連帯保証人へ事前に連絡する

家賃滞納しそうな場合は、連帯保証人へ事前に連絡をしましょう。

家賃滞納をすると連帯保証人にも督促がいくため、事前連絡は当然のことです。

大家への連絡同様、支払う意思と明確な支払計画を伝えましょう。

連絡をしてもしなくても信頼を失う可能性はありますが、必ず連絡をしてください。

5−4. 弁護士へ家賃滞納について相談をする

支払いの目処がつかない場合は、弁護士へ相談をするのも1つの手です。

行政の無料相談サービスや法テラスを活用してみるといいでしょう。

弁護士の立場から、解決策を提示してもらえる可能性があります。

相談する人や頼れる人がおらず、1人で考え込んでいる人におすすめの方法です。

5−5. 住宅給付制度を活用する

行政が実施している生活困窮者自立支援制度に、家賃が支払えない人向けの住宅給付制度(住宅確保給付金)があります。

一定期間、家賃相当額を支給してもらえる制度です。

ただし、条件は厳しく簡単に支給してもらうことはできません。

主な条件には、以下のようなものがあります。

  • 離職等の理由で家賃を支払うことができず、住宅を喪失している
  • 申込者と同世帯の人の預貯金合計が100万円未満
  • 申込者と同世帯の人の収入合計が一定額以下

気になる方は、役所に相談をしてみましょう。

6. お金が原因で家賃返済が難しい場合の4つの方法

お金が原因で家賃返済が難しい場合の4つの方法

借金があり、家賃支払いが難しい場合は借金をどうするか真剣に考えなくてはいけません。

仮に滞納分家賃の支払いができても、またすぐに滞納する恐れがあります。

以下は、借金の免除や整理するための主な4つの方法です。

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産
  4. 過払い金請求

これらの方法を実施するには条件がありますし、デメリットも多いですが、こういった選択肢があることも把握をしておきましょう。

6−1. 任意整理

借金が原因で家賃返済が難しい場合の方法として、任意整理があります。

任意整理は、債務者と債権者で話し合い和解をする方法です。

裁判所は通さず、債権者の承諾を得て借金を減額してもらいます。

債権者との交渉は専門家に任せることも可能です。

借金で返済が難しい場合は、1度弁護士に相談をしてみるといいでしょう。

6−2. 個人再生

家賃支払いが借金で難しい場合は、個人再生という方法もあります。

個人再生は、最低100万円(借金の10%)を3年間で分割返済をすることで残りの借金が免除されるのが特徴です。

裁判所を通して行う制度で、借金が5,000万円以下の債務者が利用できます。

個人再生という方法もあることを覚えておきましょう。

6−3. 自己破産

借金が厳しい場合は、自己破産という方法もあります。

自己破産は、所有財産をすべて処分し、裁判所に返済資源がないことを認めてもらうことで借金をなくす制度のことです。

当然、自己破産をした場合はブラックリストに載ることになり、数年間はカードやローンの審査は通りません。

自己破産のデメリットもすべて把握した上で、最終手段として考えましょう

6−4. 過払い金請求

借金が、消費者金融やカード会社から借りたものであれば、過払い金請求で利息が戻ってくる可能性があります

過払い金請求とは、2010年の改正貸金業法施行前に、払い過ぎていた利息を返還請求することです。

該当する借金がある場合は、1度弁護士に相談をしてみましょう。

まとめ

ここでは、家賃滞納の強制退去までの流れや時効、リスクなどについて紹介しました。

最後に、大切なポイントをまとめると次の3点が挙げられます。

  1. 家賃滞納をするとお金や住まい、信用をなくす。良いことは1つもない
  2. 家賃滞納をしそうになったら、連絡や相談など迅速にできる限りのことをする
  3. 何よりも家賃滞納リスクが低い生活や物件選びが重要

家賃滞納をしそうな場合は、ここで紹介した内容を参考にしてください。