シェアハウスを始めたい方必見!理想的な間取りと9つの失敗しない選び方

「シェアハウスに住むならどんな間取りがいいの?」

「人数によって間取りはどんなふうに変わる?」

など、シェアハウスの間取りについて詳しく知りたいと考えている人は多いです。

シェアハウスの間取りについて詳しく把握していないと、日当たりが悪く収納スペースが狭い、プライバシーが確保できないなど、物件選びに失敗してしまいます。

本記事では、以下3点について紹介します。

  1. シェアハウスの間取りの特徴
  2. タイプ別に見る間取りの選び方
  3. シェアハウスの間取り図や間取り以外の確認ポイント

これからシェアハウス生活を考えている人は、ぜひご覧ください。

目次

1.シェアハウスにはどんな間取りが多い?

まずは、シェアハウスにはどんな間取りが多いのか紹介します。

間取りの基本的特徴を知ることで、認識のミスマッチを解消することが可能です。

また、スムーズに間取りを確認できるようになります。

シェアハウスの間取りの基本的特徴について見ていきましょう。

1.部屋タイプは1人部屋〜3人部屋

シェアハウスの部屋タイプには、1人部屋〜3人部屋があります。

1人部屋だとプライバシーを確保することが可能です。

2人部屋〜3人部屋であれば、常に人とコミュニケーションをとることができます。

多くのシェアハウスでは1人部屋となっていますが、2人部屋〜3人部屋がある物件も少なくありません。

スムーズにシェアハウス選ぶをするためにも、あらかじめどの部屋タイプを選ぶのか決めておくことが大事です。

2.シェアハウスの間取りは一般家庭と変わらない

シェアハウスといっても、基本的な間取りは一般家庭と変わりません。

キッチンやリビング、浴室、トイレ、洗面所などの共用スペースがあります。

そして、共用スペースとは別に、入居者の個室があるだけです。

そのため、1人暮らしの物件を探すときのように、簡単に間取りの確認ができます。

シェアハウスは、個室が細かく分かれている物件もありますが、基本的な間取り構成や見方は一般家庭の間取りと違いはありません。

3.建物の大きさや間取りで入居人数が異なる

シェアハウスは、建物の大きさや間取りで入居人数が変わってきます。

建物が大きい物件は入居人数が多く、小さい物件は入居人数が少なめです。

また、同じ面積の物件でも、個室が多く共用スペースが狭い物件もあれば、個室が少なく共用スペースが広い物件もあります。

このように、シェアハウスは建物の大きさや間取りで入居人数が変わることを念頭に置いて、物件探しをしましょう。

2.【人数別】シェアハウスの間取りの特徴

ここでは、人数別に見るシェアハウスの間取りの特徴を紹介します。

人数別の間取りの特徴を知っていないと、想像以上に狭い部屋で生活をしたり、意図せず相部屋生活を送らなければいけません。

人数別の間取りの特徴について見ていきましょう。

1.6人用シェアハウスの間取り

6人用シェアハウスの間取りは、プライベートスペースが広いのが特徴です。

7帖〜10帖以上の広さで、勉強や仕事をするにしても十分な広さとなっています。

建物が大きい物件も多いため、リビングや浴室もゆったりめです。

プライベートスペースが広い物件を探している場合は、6人用シェアハウスの間取りが合う可能性があります。

2.10人用シェアハウスの間取り

10人用シェアハウスの間取りは、共用スペースが広いのが特徴です。

リビングだけで15帖以上ある物件もあります。

当然、建物も大きめですが、プライベートスペースは4帖〜5帖前後と狭いです。

2人部屋〜3人部屋がある物件も多くなっています。

大所帯での共同生活を希望する場合は、10人用シェアハウスの間取りの物件を探しましょう。

3.4人用シェアハウスの間取り

4人用シェアハウスの間取りは、プライベートスペースと共用スペースは十分な広さです。

まさに、一般家庭と同じ間取りになっていて、4LDKのマンションや一戸建てで生活をしていきます。

シェアハウスの中では人数が少ないこともあって、混雑することもなく、間取りの使い勝手に不便もありません。

オーソドックスな4LDKに住みたい場合は、4人用シェアハウスの間取りがおすすめです。

3.【あなたのタイプ別】シェアハウスの間取りの選び方

ここでは、タイプ別でシェアハウスの間取りの選び方について紹介します。

シェアハウスにどのような生活を求めるかによって、適した間取りが変わってくるためです。

求めるものと間取りが合っていないと、思い描く生活ができなかったり、他の入居者に迷惑をかけてしまいます。

以下は、シェアハウスに求める4通りの生活タイプです。

  1. 入居者と楽しむ時間を大事にしたい
  2. 仕事や勉強などプライベートを優先したい
  3. 友人・知人も呼んで楽しみたい
  4. 荷物が多いので収納を重視したい

1つずつ、内容について見ていきましょう。

タイプ1.入居者と楽しむ時間を大事にしたい

シェアハウス生活で入居者と楽しむ時間を大事にしたいという人は、リビングが広い間取りの物件がおすすめになります。

リビングが広ければ、入居者が集まりやすく、顔を合わせる時間が増えるためです。

入居者全員がリビングに集まれば、談笑したりお酒を飲んだり、ゲームをしたりと、皆で一緒にワイワイ楽しむ時間を過ごせます。

入居者と楽しむ時間を大事にしたいのであれば、リビングが広いシェアハウスを選びましょう。

タイプ2.仕事や勉強などプライベートを優先したい

シェアハウス生活で仕事や勉強などプライベートを優先したいという人は、プライベートスペースが広く、玄関から入りやすい間取りがおすすめです。

プライベートスペースが狭いと、荷物が溢れて仕事や勉強に集中できません。

また、玄関から直行できないと、他の入居者から話しかけれたり飲みに誘われてしまいます。

仕事や勉強などプライベートを優先したい場合は、プライベートスペースが広く、玄関から入りやすい間取りのシェアハウスを選びましょう。

タイプ3.友人・知人も呼んで楽しみたい

シェアハウスに友人や知人も呼んでワイワイ楽しみたい人は、リビングが広い間取りがおすすめです。

リビングが広ければ、友人や知人を呼んで他の入居者とも一緒にホームパーティーをすることができます。

リビングが狭い物件だと、人数が入りきれず、他の入居者にとっては迷惑です。

友人や知人も呼んで楽しむには、十分な広さが必要となるため、リビングが広い間取りのシェアハウスを選びましょう。

タイプ4.荷物が多いので収納を重視したい

荷物が多いので収納を重視したいという人は、収納スペースが多い間取りのシェアハウスがおすすめです。

収納スペースが多いシェアハウスであれば、洋服やコレクションなどたくさんの荷物を収納できます。

もし、収納スペースが少ない場合は、荷物が表に溢れて狭く感じますし、セキュリティ上もよくありません。

荷物が多いので収納を重視したい場合は、プライベートスペースや入居者が共同で使える収納スペースが多い物件を選びましょう。

4.シェアハウスの間取り図で確認するべき9つのポイント

ここでは、シェアハウスの間取り図で確認したい9つのポイントについて紹介します。

間取り図を確認するポイントが明確でないと、同じ家賃でも、狭くて生活しづらい物件を選ぶことになりかねません。

確認すべきポイントがわかっていれば、より快適な生活を送れる物件選びができます。

以下は、シェアハウスの間取り図で確認したい9つのポイントです。

  1. プライベートスペースの広さ
  2. 共用スペースの広さ
  3. 収納スペースの広さ
  4. プライベートスペースと共有スペースの位置関係
  5. フローリングか畳のどちらか
  6. 入居人数は何人か
  7. 日当たりや風通しは良いか
  8. 隣との敷居
  9. 浴室が独立型かユニットバスのどちらか

1つずつ、内容を見ていきましょう。

ポイント1.プライベートスペースの広さ

シェアハウスの間取り図で確認したい1つ目のポイントが、プライベートスペースの広さです。

プライベートスペースの広さが十分でないと、荷物を置くだけで足の踏み場がなくなるなど、ゆっくりとくつろぐこともできず、シェアハウス生活の満足度が下がってしまいます。

シェアハウスのプライベートスペースの広さは、4.5帖ほどの物件もあれば、10帖を超える場合もあるなど、物件によってさまざまです。

プライベートスペースにある程度の広さがないと、窮屈な思いをしてストレスの原因になってしまいます。

今住んでいる部屋の広さと比べて、シェアハウスでの生活を想像しておくことが大事です。

シェアハウスの間取り図を確認する場合は、プライベートスペースが何帖あるのか確認をしましょう。

ポイント2.共用スペースの広さ

シェアハウスの間取り図で確認したい2つ目のポイントが、共用スペースの広さになります。

共用スペースに十分な広さがあれば、ゆとりあるシェアハウス生活を送ることが可能です。

また、キッチンやリビングで人が混雑しないため、入居者同士の交流もしやすくなります。

共同生活をするシェアハウスでは、リビングや浴室などの共用スペースの広さが大事で、狭いと通り道を譲らないといけないなど、窮屈に感じてストレスの原因になります。

シェアハウスの間取り図を確認する場合は、共用スペースの広さにも注目をしましょう。

ポイント3.収納スペースの広さ

収納スペースの広さが、シェアハウスの間取り図で確認したい3つ目のポイントになります。

プライベートスペースに十分な収納スペースがないと、洋服や荷物が表に出てしまい、狭く感じるためです。

バッグや洋服入れなどが表に出ていることは、気分的に良いものでもありません。

収納スペースが広いシェアハウスであれば、部屋が狭くても、表に出る荷物がないため広く感じます。

また、1人部屋のときに確認することはもちろんですが、相部屋の場合も必ず収納スペースを確認するようにしてください。

相部屋で収納スペースが少なければ、荷物が出て狭く感じるだけでなく、セキュリティ上の問題が出てくるためです。

シェアハウスの間取り図を確認する場合は、収納スペースの広さが十分かどうか確認するようにしましょう。

ポイント4.プライベートスペースと共有スペースの位置関係

シェアハウスの間取り図で確認したい4つ目のポイントが、プライベートスペースと共有スペースの位置関係です。

プライベートスペースの近くに何があるかで生活環境が変わってきます。

たとえば、個室の前にトイレがあると、夜中に水を流す音で目が覚めたり、漂ってくるニオイが気になるものです。

また、隣がリビングであれば、時間に関係なく話し声が聞こえてくるため落ち着きません。

プライベートスペースと共有スペースの位置関係は、シェアハウス生活の満足度にも影響を与える重要なポイントです。

だからこそ、シェアハウスの間取り図を見る場合は、プライベートスペースと共有スペースの位置関係がどうなっているのか確認するようにしましょう。

ポイント5.フローリングか畳のどちらか

フローリングか畳のどちらになっているかも、シェアハウスの間取り図で確認したいポイントです。

フローリングか畳のどちらかで生活のしやすさが変わってきます。

フローリングのメリットは掃除がしやすくダニが発生しにくいこと、デメリットは硬くて寝転がることができないことです。

一方、畳のメリットは調湿機能や遮音性能が優れていて寝転がれること、デメリットはシミになりやすくダニが発生やすいことになります。

フローリングと畳は好みの部分が大きいからこそ、自分に合った方を選ぶことが大切です。

シェアハウスの間取り図を見る場合は、フローリングか畳のどちらなのか確認をしましょう。

ポイント6.入居人数は何人か

シェアハウスの間取り図で確認したい6つ目のポイントが、入居人数になります。

入居人数によって、生活スペースの広さ、朝の洗面台や夜のお風呂の待ち時間などが変わってくるためです。

また、自分に合った入居人数のシェアハウスを選ばないと、雰囲気に溶け込めず、自分の本性が出せなくなる可能性もあります。

一般的に、入居人数が多ければ家賃は安くなりますが、1人あたりの生活スペースは狭くなるものです。

逆に、入居人数が少なければ、1人あたりの生活スペースは広くなりますが、家賃は高くなります。

入居人数が3人〜5人程度の物件もあれば、7人〜10人以上のところもあるなど、シェアハウスによってさまざまです。

シェアハウスの間取り図を確認する際は、入居人数にも注目をしましょう。

ポイント7.日当たりや風通しは良いか

シェアハウスの間取り図で確認したい7つ目のポイントが、日当たりや風通しは良いかどうかになります。

たとえば、日当たりが悪いと昼間でも部屋が暗くて気持ちまでどんよりとしてしまいます。

また、湿気が溜まりやすいため、カビやダニが発生しやすく、健康にもよくありません。

日当たりや風通しが良い間取りだと、部屋に湿気やどんよりとした空気が溜まることを防げるため、快適な生活を送ることができます。

プライベートスペースはどの方角向きなのか、風通しの良い間取りになっているのか、そもそも窓は付いているのかなど、間取り図から確認が必要です。

シェアハウスの間取り図をチェックする場合は、日当たりや風通しにも注目してください。

ポイント8.隣との敷居

隣との敷居が何になっているかも、シェアハウスの間取り図で確認したいポイントになります。

敷居が何かによって、音漏れの心配などプライバシーの問題が出てくるためです。

シェアハウスによっては、カーテンやパーテーションが敷居になっていて、ほとんどプライバシーがありません。

プライバシーが確保できないようであれば、安心して電話もできませんし、仕事や勉強にも集中できずストレスの原因になります。

敷居が遮音性の高い壁の物件であれば、共同生活でも音漏れを防ぎ、しっかりとプライバシーを確保することが可能です。

安心して生活をしていくためにも、シェアハウスの間取り図で隣との敷居も確認するようにしましょう。

ポイント9.浴室が独立型かユニットバスのどちらか

シェアハウスの間取り図で確認したい9つ目のポイントが、浴室が独立型かユニットバスのどちらになっているかです。

どちらになっているかで、浴室の広さや使い勝手、順番待ち時間が変わってきます。

ユニットバスだと浴室スペースが狭いうえに、隣にトイレがあるので衛生面が気になってしまう人もいるでしょう。

また、浴室とトイレが一緒なので、順番待ちが重なってしまい、毎日混雑してしまいます。

独立型であれば浴室スペースも広く、トイレと別なので混雑を回避することが可能です。

シェアハウスの間取り図を見る場合は、浴室が独立型かユニットバスのどちらなのか確認するようにしましょう

5.間取り以外で大切なシェアハウス選びの8つのポイント

ここでは、間取り以外で大切なシェアハウス選びの8つのポイントについて紹介します。

間取り以外で大切なポイントを知っていれば、自分の条件に合った物件選びができるためです。

間取り以外の大切なポイントを知らないと、予算オーバーをしたり、治安の悪い環境で生活することになりかねません。

以下は、間取り以外で大切なシェアハウス選びの8つのポイントです。

  1. 家賃
  2. コンセプト
  3. 立地
  4. 築年数
  5. 入居者
  6. 治安
  7. シェアハウスのルール
  8. 評判

それでは、確認していきましょう。

1.家賃

間取り以外で大切なシェアハウス選びの1つ目のポイントが家賃になります。

家賃を優先して確認しなければ、予算オーバーになるためです。

また、安く住める物件を探している場合は、何よりも家賃を優先しなければいけません。

家賃が2万円台の物件もあれば、10万円近いところもあるなど、シェアハウスによって家賃もピンキリです。

予算に合わせたシェアハウスに住むために、最初から家賃を条件に入れて物件検索を行いましょう。

家賃は、間取り以外で大切なシェアハウスを選ぶ際のポイントです。

2.コンセプト

コンセプトについても、間取り以外で大切なシェアハウス選びのポイントになります。

「J-POP好きな人のためのシェアハウス」など、コンセプトによって、物件の間取りや内装、入居者の属性や趣味などが違うためです。

自分に合わないコンセプトの物件を選んでしまうと、入居者の輪の中に入れず、シェアハウス生活を楽しめない可能性があります。

自分に合ったコンセプトの物件を選べると、趣味が合うため入居者との会話は盛り上がり、楽しいシェアハウス生活を送ることが可能です。

共感できるコンセプト物件を選んだことがきっかけで、友達や恋人ができる可能性もあります。

シェアハウスを選ぶ際は、間取り図以外にコンセプトについても確認するようにしましょう。

3.立地

間取り以外で確認すべきシェアハウス選びのポイントが、立地になります。

立地によって、通勤・通学時間や都市部までの距離が大きく変わるためです。

駅やバス停までの距離が遠ければ、朝早く出て夜は遅く帰ってくることになります。

したがって、立地はシェアハウスを選ぶ際に、間取り図以外で確認したいポイントです。

4.築年数

築年数は、間取り以外で確認したいシェアハウス選びのポイントになります。

あまりにも築年数が古いと建物の性能が低く、自然災害が発生した際に危険だからです。

また、設備も古い可能性が高く、使い勝手が悪いため生活満足度も下がってしまいます。

たとえば、1981年以前の建物だと旧耐震基準で建てられているため、震度5程度の地震で倒壊・損壊しないことが基準です。

しかし、新耐震基準となる1982年以降の建物は、震度7程度の地震でも倒壊・損壊しなことが基準となっています。

築年数が古いことで家賃が安いというメリットはありますが、性能や設備のデメリットがあることも理解しておくことが大事です。

シェアハウスを選ぶ際は、間取り図以外のポイントとして、築年数にも注目をしましょう。

5.入居者

間取り以外で確認すべきシェアハウス選びのポイントが、入居者についてです。

どんな入居者がいるかによって、楽しいシェアハウス生活を送れるかが変わってきます。

気が合わない人やルールを守らない人、揉め事やトラブルが多い人と同じシェアハウスだと、楽しい生活は送れません。

シェアハウスは共同生活なので、他の入居者が生活満足度に与える影響は大きいです。

どんな入居者がいるのか不動産会社に聞いたり、内覧で確認するようにしましょう。

シェアハウスを選ぶ際、間取り図以外のポイントとして、どんな入居者がいるかも確認してください。

6.治安

治安状況についても、間取り以外で確認したいシェアハウス選びのポイントです。

空き巣や窃盗、放火やひったくりなど、事件が多いエリアだと安心して生活することができません。

通勤・通学時に事件に遭わないか心配ですし、夜も不安で眠りにつけなくなります。

また、治安が悪いと女性入居者が少ないため、同性が1人もいないかもしれません。

治安状況については、不動産会社や直接入居者に聞いたり、警察や自治体が公表している情報を調べましょう。

シェアハウスを選ぶ際、間取り図以外の大事なポイントが治安状況です。

7.シェアハウスのルール

間取り以外で大切な、シェアハウス選びのポイントとなるのが、シェアハウスのルールです。

「部外者は入室禁止」「入居者同士の恋愛は禁止」などのルールによって、生活スタイルや入居者との関わり方、恋人ができる可能性などが変わります。

また、ルールが自分の求める生活と合っておらず、守れなければ強制退去となってしまうので、必ず確認しましょう。

求める生活と合っていない場合は、窮屈でつまらない生活を送ることになります。

シェアハウスを選ぶ際には、間取り図以外でルールについても確認することが大切です。

8.評判

間取り以外で大切なシェアハウス選びのポイントが、評判になります。

評判を確認すれば、「物件が古くあちこちにカビが生えていて最悪だった」「繁華街が近く治安が悪かった」など、シェアハウスを実際に利用した人の意見を知ることが可能です。

物件サイトではわからない情報を知ることができ、より具体的に比較できるようにもなります。

そのため、シェアハウスを選ぶうえで評判は非常に大事なポイントです。

まとめ

今回は、シェアハウスの間取りの特徴やタイプ別に見る間取りの選び方、大切な確認ポイントなどについて紹介しました。

シェアハウスは共同生活なので、どのような間取りを選ぶかで、生活満足度が大きく変わります。

間取り選びに失敗すれば、友達ができない、プライバシーがない、収納スペースがなくて困るなど、想像していたシェアハウス生活を送ることができません。

シェアハウス生活を始める際は、本記事で紹介した内容を参考にして、間取り確認や物件選びをするようにしてください。